ホーム もどる もどる
2007年 5月 4日 テーマ 連休明けの調査資材設置に抗議の声を上げてください!
     浦島悦子
辺野古浜通信が抗議の集中を要請しています。
皆さんのご協力をお願いします。以下通信14号を転載します。 
 連休明けると調査機材の設置作業がはじまります。全国から注目していることを施設局、海上保安庁、業者に是非知らしめてください。
 
 皆さんの注目がカヌー隊の安全を守り、基地建設を止めることに繋がります。

 なお、私たちは言葉の上でも「非暴力」をつらぬきます。反発を買うような誹謗中傷はしないで丁寧な表現で語りかけてください。特に事業・営業妨害と訴えられかねない行動はお控えください。
(要請文例)

例1:現況調査は、沖縄の海を毀すことに直結しています。やめてください。

例2:事前調査は人を殺し続ける基地建設の前段階です。加害の側に立たないでください。

例3:方法書ができる前の事前調査は、環境アセスメントの趣旨に反します。環境を守ることを生業とする貴社がそのようなことをすべきではありません。

例4:世界の、アジアの、沖縄の、辺野古住民の生活を破壊し、美しい海を汚し、ジュゴンやサンゴ礁などの自然と生態系を破壊する米軍基地建設に、加担しないでください。

例5:人を守り、海を守ることが使命であるあなたたちです。人に危害を与え、殺す側、海を壊す側に立たないことを望みます。

沖縄・一坪反戦地主会関東ブロックの呼びかけ参照
●いであ株式会社 http://ideacon.jp/
154-0012東京都世田谷区駒沢3丁目15-1
電話:03-4544-7600
FAX:03-4544-7700
問い合わせフォーム:https://www.ideacon.co.jp/form/idea-quay.htm
会長:田畑日出男   社長:都丸徳治
受注業務:海域生物、生態調査、サンゴ類、海藻藻類調査  
受注額: 16億5900万円
 この「いであ株式会社」は、前の社名を「国土環境株式会社」、さらに前の社名を「新日本気象海洋・・」とかで、サンゴ礁を埋めて作った「新奄美空港」や「白保・新石垣空港」のアセスで「環境への影響は軽微」という趣旨の環境「アワセメント」を作り、塩屋埋立のアセスを作った会社です。(maxi's pageより)

●株式会社パスコ http://www.pasco.co.jp/corporate/profile.html
住所:153-0043東京都目黒区東山1-1-2
電話:0120-494-800
FAX:03-5722-7603(あたらしく判明)
問い合わせフォーム:https://secure.pasco.co.jp/product/info/contact/
社長:杉本陽一
受注業務:水質、潮流調査
受注額:6億5100万円

●第十一管区海上保安本部 連絡先
〒900-8547
那覇市港町2111 那覇港湾合同庁舎
電話:098-867-0118
E-mail:soumu-11@kaiho.mlit.go.jp

●那覇防衛施設局
〒900-8574
那覇市前島3丁目25-1
電話・fax 098-868-0174から9 広報室(内線233から235)


★「現況調査」について、強行しようとしている概要が少しずつ判ってきました。環境を壊し、人を殺すための準備調査を止めることはもちろん、調査そのものが違法であり、調査がジュゴンに深刻な打撃を与える可能性が指摘されています。物々しい機材、ランプを付けたブイを浮かべてジュゴンを追い払った後に「ジュゴンは居ませんでした」ではすみません。

調査については、ジュゴンネットワーク沖縄
http://jaga.way-nifty.com/dugong/
手続きの違法性の政府自身による追認の課程についてはmaxi's_page
http://blogs.yahoo.co.jp/okinawa_maxi/47100977.html
をご覧ください。 
みなさん! 10区の会がめげないよう、 応援をおねがいします。
郵便振替 01730-9-9673 ヘリ基地いらない二見以北10区の会