ホーム もどる
2007年 12月 7日 やんばるにも冬の訪れ
写真 浦島 悦子
 12月に入って、沖縄は晴天が続き、乾燥注意報が出されています。夜は冷え込むようになりましたが、日中の陽射しはまだ汗ばむほどです。

 それでも、東海岸の大川(十区のひとつ)から西海岸(名護市街地)に抜ける山越えの道では、葉を落とし、真っ赤な実をたわわにつけたイイギリが、やんばるの冬の訪れを告げています。やんばるの森は常緑で、冬でも緑の葉を茂らせていますが、それをバックに映える赤や黄金色の実、唯一紅葉するハゼノキの彩りを楽しんでください。
イイギリの真っ赤な実が緑に映えています
センダンは黄金色の実をつけています
紅葉したハゼが沢の上を覆っています。
みなさん! 10区の会がめげないよう、 応援をおねがいします。
郵便振替 01730-9-9673 ヘリ基地いらない二見以北10区の会