ホーム もどる
2007年  5月28日 沖縄は早くも梅雨入りです
 早くも梅雨入りした沖縄。早くアップするつもりだったんですが、いろいろあって遅くなってしまいました。梅雨を彩る美しい花々をご覧ください。
琉歌にも唱われるイジュの花。やんばるの雨期(梅雨)を彩る清楚な花です。今年は年明けから雨が多かったせいか開花が早く、梅雨入り前にすでに満開。山々の至る所に咲き誇り、例年に比べて花の数も多いようです。
テッポウユリもこの時期の花です。土手や平地を華やかせています。
クチナシの花も白。うっとりするような香りを漂わせています。野山の花は白が多いですね。クチナシの花はやがて黄色くなって落花します。
我が家の裏にあるクマタケランの花。
こちらはゲットウの花。クマタケランの花と似ているけど、花が違います。葉っぱも、形はそっくりだけど、ゲットウは香りが強く、クマタケランは香りはありません。
ここはどこ? 
これは、実は5月13日の嘉手納基地包囲(人間の鎖)の時に撮った写真です。向こうに見えるのは基地を見せないように作られたコンクリートの塀。そう、ここは基地と民間地の緩衝地帯に残された黙認耕作地なのです。軍用地として接収されているため、土地の形状の変更はできないので、昔ながらのやり方(小面積・多種栽培)で使っています。これが、懐かしくていいんだよね。タイムスリップしたような、別世界に入り込んだような気分でした。ここからけっこうたくさんの農産物が出荷されているらしいです。以前、米軍基地は嘉手納町の農業にも貢献しているんだと、嘉手納基地の広報官が自慢するのを聞いて、苦笑したのを思い出しました。
なんと、ナシの実まで成っていました。おいしそうー!
撮影 浦島悦子
みなさん! 10区の会がめげないよう、 応援をおねがいします。
郵便振替 01730-9-9673 ヘリ基地いらない二見以北10区の会