ホーム もどる
2017年   5月28日 埋め立て工事は進んでませんよ!
5月27日は、シュワブ前で集会がありました
 5月27日(土)、シュワブ前集会がありました。

 天気予報は曇りでしたが、みんなの熱気で晴れ上がりました。

 集会のたびに思うのが、県民がこんなにも「新基地いらない!」と叫んでいるのに、政府は無視し続け、それでも日本という国は進んでいってるんだということ。共謀罪にしても、あんなにもぶざまな方法で、強行採決しても、次のステージに進んでいくんだということ…。この国は、いったい何を目指しているのでしょう。どこへ進んでいくのでしょう。

 娘が、学校で意見発表会の代表選考を兼ねた原稿の宿題があり、身近な問題が題材だったので「ピースキャンドル」を題材にして原稿を出しました。先日、まずはクラス予選。クラスメートそれぞれグループで自分以外の原稿を読んで、いいと思ったものを出していくという方法で行われたそうです。残念ながら、娘の名前はなかったとのこと。負け惜しみではありませんが、娘は「自分の原稿が選ばれなかったというショックより、基地問題にこれほどみんなが関心がないという現実にショックを受けた」とのこと。「私たち若い世代が一番考えなければいけないことじゃない。」と考え込んでいました。

 私達大人も次の世代に、もっともっと関心をもってもらうこと、あなたたちの生きていく未来に、とても重要なことなんだと、考えてもらう機会を多く持ってもらうことが責務であり、急務だなと思います。

 集会にも、子供を連れたお母さん、お父さんの姿もあり、嬉しく思いました。とにかく、「埋め立てが始まった」というのは名ばかりで、現実は全然進んでいません。お時間のある方、ぜひ辺野古へ足を運んでください。日曜日以外は座り込みやっています。少しの時間でもいいので、よろしくお願いします。「何が何でも諦めないこと」です。

 みなさん、一緒にがんばりましょう。
引き続き 「基地いらない 平和の樹」 のハンカチ大募集中です!!よろしく、御願いします。
5月28日 渡具知智佳子 記
みなさん! 10区の会がめげないよう、 応援をおねがいします。
郵便振替 01730-9-9673 ヘリ基地いらない二見以北10区の会