ホーム もどる
2015年 10月27日 嫌な1週間
10月13日、火曜日  翁長知事が承認を取り消した  日本政府は、すぐに承認取り消しの効力の 「停止要求」を国交省に出した

 腹がたつことばかりの一週間でした。

 前知事の仲井真さんが、「基地問題ばかりが知事の仕事ではない」とか「自分が承認したことは今でも正しいと思っている」とラジオ放送で発言した(らしい)。私達たちから言わせてもらえば、翁長知事の仕事を増やしているのは仲井真さん「あなた」だし、今でも正しいと思っていることが、沖縄県民に受け入れられなかったから、今あなたは知事ではないのだし…。そこんとこ、理解してますか?とこちらが怒り心頭。

 10月21日は、県民総決起大会から20年の日だった。この20年間で、米軍がらみの凶悪犯が98人もいる。今もなお危険と不安と隣り合わせで生活しなければならないこの恐ろしい現実。基地負担が増大した20年間だったと思う。

 シュワブ前で警備をしている民間の警備会社に19億円も支払われている。すべて私たちの血税だ。私たちは「新たな基地を造らせない」という必死の思いで、稲嶺市長を選び、そして翁長知事を選んだ。そんな沖縄県民の心を尊重するどころか、私達の血税を使って「力」でねじ伏せようとする日本政府。そんなに警備をさせたいなら、自分たちのポケットマネーで支払え!!!!

 なんだか怒ってばかりいる自分が嫌になるくらい「嫌な一週間」でした。

ほんとに卑怯な手口!ジュゴンも泣いている
そういうことなので・・・
引き続き 「基地いらない 平和の樹」 のハンカチ大募集中です!!よろしく、御願いします。
10月27日 渡具知智佳子 記
みなさん! 10区の会がめげないよう、 応援をおねがいします。
郵便振替 01730-9-9673 ヘリ基地いらない二見以北10区の会