ホーム もどる
2015年 10月18日 同じ穴のムジナ
10月13日、火曜日  翁長知事が承認を取り消した  日本政府は、すぐに承認取り消しの効力の 「停止要求」を国交省に出した

 菅官房長官は、常日頃から「日本は法治国家です」とおっしゃっている。国の都合の良いことだけが、まかり通るのが法治国家だろうか?だって、国交省は、国側の人たちでしょ。日本政府に都合のよいように結論を出すに決まっている。「停止要求」が通れば、また工事を再開すると言っている。日本政府の言い分は、いつも「仲井真前知事が埋め立てを許可したのだから」だ。あの人は、県民の心を無視して「埋め立て承認」をした。だから、選挙で落ちた。県民が見捨てたのだ。「辺野古に基地は作らせない。日米安保は国民全体で考え負担を負うものだ」とおっしゃった翁長知事に、沖縄県民は、すべてを託したのだ。日本政府が大事なのは、常に「自分たちに都合のよいこと」だけだ。そこに、国民は存在しない。

 この基地問題に関わるようになって、いつも感じるのが、「この国、日本は、名ばかりの民主主義だ」ということだ。私たちは、稲嶺市長、翁長知事を誕生させるまで、ずーーーーーーーーーっと「沖縄県民は、基地賛成の人を名護市、沖縄県のトップに選んでいるのだから」と言われ続けてきた。やっとの思いで、「基地を作らせない」方を選んだと思ったら、今度は強行してくる。どこに、私たち国民の意見を聞いてくれているというのだろうか。

 私たちのHPをちょっとでもいいです、覗いてくれた皆様、どう思いますか?この日本と言う国を、どう感じますか?すべてにおいて悪暴走をしている日本を、このままにしていたら、日本は大変なことになります。もうなりかけています。私たちも絶対負けません。だてに20年近くの間、新基地建設反対のための行動をやっているわけではありません。今日このHPを覗いてくださった皆様、是非、「自分の事」としてよく考えて下さい。だって日本は「安倍さんの国」ではなく「私たちの国」なのです。

 偉そうなことをいってごめんなさい。でも、本当によろしくお願いします。

ほんとに卑怯な手口!ジュゴンも泣いている
そういうことなので・・・
引き続き 「基地いらない 平和の樹」 のハンカチ大募集中です!!よろしく、御願いします。
10月18日 渡具知智佳子 記
みなさん! 10区の会がめげないよう、 応援をおねがいします。
郵便振替 01730-9-9673 ヘリ基地いらない二見以北10区の会