ホーム もどる
2015年  8月23日 思考停止 差別 堕落の日本政治
8月16日
タイムスさんの記事はhttp://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=128802で。
以下抜粋。那覇地区漁協所属のマグロはえ縄漁船2隻がことし6~7月、沖縄本島南方の海域で、はえ縄が切断される被害を受けていたことが15日までに、分かった。2隻の乗組員が米軍艦船とみられる船を現場で目撃しており、関与が疑われている。うち1隻は、昨年にも同様の被害に遭っている。
これこそ私達の生活の邪魔をするな!
タイムスさんの記事はweb上には見あたりません。
以下抜粋。沖縄市と宜野湾市で15日道交法違反(酒気帯び)の疑いで米兵の現行犯逮捕が相次いだ。
海でも地上でも、米軍は「百害あって一利なし」
8月18日
タイムスさんの記事はhttp://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=129032で。
以下抜粋。中谷元・防衛相は16日の翁長雄志知事との会談で在沖海兵隊の抑止力として、沖縄駐留で機動性、即応性を発揮し、一体的な運用も可能と説明した。対象国や海兵隊が島しょ防衛にどう機能するかといった具体性はなかった。翁長氏は「今までより詳しかったが、中身は変わっていない」と指摘。他の都道府県との比較もなく、「沖縄ありき」と反発した。
日本政府の頭には、いつも「沖縄ありき」のほかに、

「沖縄だったらいいさ」という差別の考えがある。

ウチナーンチュは、アメリカへのいけにえではない!
8月19日
タイムスさんの記事はhttp://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=129206で。
以下抜粋。うるま市沖で訓練中に、米海軍輸送艦への着艦に失敗して墜落した米陸軍特殊作戦航空連隊のMH60ヘリコプターの同型機2機が18日午後、米軍嘉手納基地を離陸した。事故後、同型機が飛行するのは初めてで、訓練を再開したとみられる。米軍は同日までに事故原因や再発防止策を明らかにしておらず、原因究明や再発防止策などを求めてきた関係自治体などから反発の声が挙がっている。
私たちも「いつものことだ」と
ほったらかしてはいけないよね。

原因が明らかになるまで、
というか永遠に「沖縄の空」を
飛ばせてはいけないと思う。

もちろん、全ての米軍機!
8月20日
タイムスさんの記事はhttp://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=129165で。
以下抜粋。
翁長雄志知事は18日、首相官邸で菅義偉官房長官らと会談し、米軍普天間飛行場の返還に伴う名護市辺野古への新基地建設をめぐり政府側と2回目の協議に臨んだ。菅氏は普天間飛行場の5年以内の運用停止について「地元の協力がなければ難しい」と辺野古新基地建設が条件との考えを示し、運用停止は困難だと明言した。これに対し、翁長氏は「辺野古が唯一と言うのはやめてもらいたい」と批判。市民が収容所にいる間に接収された普天間飛行場の形成過程に触れ、「老朽化し、世界一危険になったから代替案を示せというのは日本政治の堕落だ」と政府を批判した。
脅迫ですか!!!

そもそも「銃剣とブルトーザー」で作った基地なのに、なぜ沖縄がいつまでも苦しまなければいけないの?

ここに沖縄差別があるよね。
8月21日
タイムスさんの記事はhttp://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=129477で。
以下抜粋。結婚を約束しながら、対馬丸事件の犠牲になった男女がこの日、71年の時を経て結ばれた-。2人は当時26歳の池宮城秀則さんと19歳の静子さん。ともに羽地村(現名護市)出身で、垣花国民学校の引率教師だった秀則さんに付いていく形で、静子さんも乗船したとみられる。静子さんはこれまで、「比嘉」の姓で対馬丸記念館に刻銘や遺影展示をされてきたが、慶田盛さつき学芸員(36)が昨年、秀則さんのデータを確認した際、2人が名護市の戦没者名簿や糸満市の平和の礎(いしじ)には夫妻として記されていることが判明。戸籍上は結婚していなかったが、いいなずけの間柄で、静子さんの位牌(いはい)があるのは秀則さんの遺族宅だという。遺族に意向を聞いたところ夫妻としての刻銘を望んだことから、静子さんを「池宮城」の姓に修正することになった。
悲しすぎるよね。

戦争はすべてを狂わす。

戦争を起こしてはいけない。

戦争はいけない。

絶対基地は作らせない!
8月22日
タイムスさんの記事はhttp://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=129525で。
以下抜粋。米軍が20日午前11時ごろ、うるま市の津堅島訓練場でパラシュート降下訓練を実施した。沖縄防衛局によると、同水域を訓練で使用する場合、7日前までに防衛局へ通報することになっているが、事前通報はなかった。米軍は同日、防衛局に対し、「事務的なミスで通報しなかった」と認め、謝罪した。県基地対策課の運天修課長は「関係機関への通報なしに訓練が行われたことは遺憾だ」と防衛局を通し、米軍に抗議した。
いつものようにやりたい放題です。

でもそれを許してはいけません。

害虫(米軍)を駆除するには、

あらたな巣(基地)を作らせない事が一番です。
引き続き 「基地いらない 平和の樹」 のハンカチ大募集中です!!よろしく、御願いします。
8月23日 渡具知智佳子 記
みなさん! 10区の会がめげないよう、 応援をおねがいします。
郵便振替 01730-9-9673 ヘリ基地いらない二見以北10区の会