ホーム もどる
2015年  8月 2日 「憲法守ってたら、日本の平和は守れない」 そこまでいいますか!
7月26日
タイムスさんの記事はhttp://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=125814で。
以下抜粋。米国務省が6月末に公表した2014年度の世界各国の人権状況に関する年次報告書で、在沖米軍の活動に伴う県民への人権侵害などに関する言及がないことが23日までに分かった。沖縄に関する記述は、日本国内の先住民の項目のみで「日本政府は琉球を先住民族とは認めていないものの、独自の文化や歴史は認識し、伝統を尊重し、保存に努めた」と記述している。
やはり植民地扱いなんだよ。アメリカにとって沖縄は…だから早く出ていけと思う。
7月28日
タイムスさんの記事はweb上には見あたりません。
以下抜粋。現役時代に補給部隊に所属した元陸上自衛隊員が、27日に参院での審議が始まった安全保障関連法案への反対を表明している。米軍などに弾薬を補給する後方支援の危険性を挙げ、「戦地では前も後ろもない」と指摘。「隊員たちの流す血、家族の涙にどう責任をとるのか」と訴える。
突き詰めれば「戦争」は、敵か味方かしかない。殺すか殺されるかしかなくなる。なぜ、無駄に尊い命を失う法律を作るのだ。実際に戦争になった時、安倍さんのように、お偉い方々は、親族が戦争に行かなくてもいいようにできるから、こんな法律を作るのだ。
7月29日
タイムスさんの記事はhttp://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=126224&f=crで。
以下抜粋。日米両政府が米軍普天間飛行場の返還を協議していた1995年当時、日本側は本土の反対を理由に本土移転を望まず、米政府内では沖縄に固執する米軍が強く反発していたことが27日までに分かった。普天間の移設先をめぐり、日米双方が県内にこだわる理由をそれぞれ抱えていた。ロバート・ライス元国務次官補代理(東アジア・太平洋担当)が同省付属機関が6月下旬に公表した口述記録(インタビューは2008年9月実施)のなかで明らかにした。1995年の米兵暴行事件時に国務省日本部長を務めていた同氏は、「大多数の沖縄県民は米軍基地の提供に伴う犠牲をよく思っていなかった」と述べ、沖縄の負担軽減をめぐり「日本政府は葛藤していた」と指摘。しかし、日本側は「(沖縄の)どの基地も本土に移すことは望んでいなかった。(本土は)基地を増やすことに反対だからだ」と述べ、在沖米軍基地を整理統合して米兵数を削減する案が選択されたと説明した。
いくら沖縄が好きでも、沖縄はお断りしているのだから諦めるべきでしょ。

それが、民主主義ってもんじゃない?!
7月22日
タイムスさんの記事はhttp://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=126367で。
以下抜粋。米軍普天間飛行場返還に伴う名護市辺野古の新基地建設で、沖縄県は29日、埋め立て本体工事に向けた実施設計と環境保全対策に関する協議書を受理した上で、沖縄防衛局に対し、取り下げと再提出を求める文書を出した。翁長雄志知事は同日午前、那覇空港で記者団の質問に答え、「事前協議はボーリング調査終了後、全体の詳細設計に基づき、実施すべきだ」と述べ、全体の設計がまとまっていない段階での協議開始に否定的な考えを示した。菅義偉官房長官は同日の記者会見で、「政府として取り下げる考えはなく、県側と丁寧に協議していきたい」との考えを示した。
もうさ、ホントに独裁政治だよね。安保法案と言い…。

若い方々、自分の身に降りかかってくるんだよ。

無関心はいけないよ。
8月1日
タイムスさんの記事はhttp://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=126705で。
以下抜粋。安全保障関連法案に抗議し廃案を求める「憲法は戦争しないと決めた。戦争法案は廃案へ!県民集会」(主催・同実行委員会)が31日、那覇市・沖縄県庁前の県民広場で開かれた。1500人(主催者発表)が参加し、米軍や自衛隊の基地を抱える沖縄から法制によって戦争に巻き込まれる危険性などを指摘し、廃案を求める抗議の拳を突き上げた。集会後は国際通りをデモ行進した。
少し前までは、集会をやっても集まりが悪かった。でも、次第に増えてきた。自分の事として考える方が多くなったのはホントに嬉しい事だ。一人一人は弱くても、その力が集まれば、安倍さんの独裁政権を許さないという大きな力になる。みんなで頑張っていきましょう。
やっぱ辛い!
毎週土曜日にやっているピースキャンドル。警察の攻撃は、Sさんの努力のおかげで、おさまった。道行く車も手を振ってくれる方も多い。でも、たまにだが、中指を立てて通り過ぎる車がいる。そんな時の娘たちを見るのは、やはり辛い。普通の中学生なら、土曜日のこの時間、家族と楽しい時間を過ごしているだろうに、何故に見ず知らずの人間から、あんな態度をされなければいけないのか、子どもを巻き込んでまで、この活動をするべきなのかと思ってしまう。唯一の救いは、その時、一瞬たじろぐ娘たちだが、すぐ復活してくれることだ。でも、こんな嫌な思いをさせないためにも、はやく終わりにしたい。
引き続き 「基地いらない 平和の樹」 のハンカチ大募集中です!!よろしく、御願いします。
8月2日 渡具知智佳子 記
みなさん! 10区の会がめげないよう、 応援をおねがいします。
郵便振替 01730-9-9673 ヘリ基地いらない二見以北10区の会