ホーム もどる
2014年  10月19日 ジュゴンが私たちに語りかけていること
10月16日  
タイムスさんの記事はhttp://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=86757で。
以下抜粋
。政府が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の運用停止について2019年2月までの実現を目指すと9月に発表したことに対し、米政府が今月2日の日米協議で「空想のような見通しだ」と反対を表明したことが15日分かった。米側は、同県名護市辺野古に建設される代替施設完成の時期を考えると「最も早くて22年」としている。米政府当局者が明らかにした。

耳障りのいい言葉を並べても「嘘はうそ」日本政府なんて、まったく信用できません!

10月17日
タイムスさんの記事はhttp://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=86863で。
以下抜粋。沖縄にあった琉球米陸軍司令部が1947年、海兵隊移管前で休止状態だった普天間飛行場(現在の沖縄県宜野湾市)について、稼働すれば近接する陸軍基地の拡張予定地に「危険と不快な騒音」が生じるとして、陸軍の航空部門(現空軍)による使用を控えるよう要請していたことが16日、秘密指定を解除された米公文書で分かった。

そんなに前から危険と認識しているのなら、とっとと使うのをやめなさいよ。こんなアメリカを甘やかしているのが日本です。

先日、ジュゴンの映像を見る機会があった。大浦湾や辺野古沖、嘉陽沖での映像だ。ジュゴンは、私達のすぐ目の前で静かに生きている。確かに生きている。そんなジュゴンを守れるのは私たち人間だ。これからの時代、この豊かな自然を守りながら、共生共存していくことが一番大切だ。ジュゴンが私達にそんなことを心の中で語りかけているような気がした、そんな映像だった。

引き続き 「基地いらない 平和の樹」 のハンカチ大募集中です!!よろしく、御願いします。
10月19日 渡具知智佳子 記
みなさん! 10区の会がめげないよう、 応援をおねがいします。
郵便振替 01730-9-9673 ヘリ基地いらない二見以北10区の会