ホーム もどる
2014年  10月12日 17歳の誕生日に

新基地建設反対運動を始めて18年。

 ま、一度も運動をしているという意識はないのですが。ただただ「生まれてくるこどもの未来に、戦争につながる基地はいらない。この世界に誇れる自然を残してあげたい」という思いだけで、あっと言う間に18年もたってしまいました。

 ここへきて、やっと周りの方々も「本当の思い」を声に出して訴える方々が増えた今、思うことは「あきらめないでよかった」ということです。これまで、何度もつらいことがあり、十区の会も休会した時期もありました。休会にした時、「もう解散したほうがいいんじゃない」と言う意見もあった中、「種火だけでも残しておこしておこう」と休会という形をとりました。それでも、基地問題に関心を持ってくれる方々は少なく、再会したのも、もとのメンバーでした。それが、鳩山元総理が「最低でも県外」とおっしゃったのをきっかけに、みんなの心の中に「嫌なことは嫌といっていいんだ」という気持ちが生まれ、それが稲嶺名護市長の誕生につながり、そして現在につながっていると思います。その「十区の会」も結成から今日で17年です。

 まだ道半ばですが、いまや支援の輪は世界へと広がっています。私達はぜったいにあきらめません。ますます皆様のご支援が必要です。「勝つ方法はあきらめないこと」です。これからも宜しくお願いします。

引き続き 「基地いらない 平和の樹」 のハンカチ大募集中です!!よろしく、御願いします。
10月12日 渡具知智佳子 記
みなさん! 10区の会がめげないよう、 応援をおねがいします。
郵便振替 01730-9-9673 ヘリ基地いらない二見以北10区の会