ホーム もどる
2014年  3月 2日 狡猾 疑惑 不信 闇 暗躍 
2月25日  
タイムスさんの記事はhttp://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=63624で。
以下抜粋。政府が、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に向けた工事や事前調査への反対行動を想定し、対応策の検討を始めたことが24日、分かった。建設予定地周辺に設定されている米軍の提供水域内へ入った場合の刑事特別法の適用や、事前に活動を阻止するのが可能かを探るのが検討の柱。過去に反対運動でボーリング調査が中断し、負傷者も出たことから、ことし夏ごろに予定される調査に備えて検討を急ぎたい考えだ。

「自分達の生活を守りたい」という思いで行動することが、犯罪ですか?それよりも、民意を全く無視して、政治的な力で押さえつけることしか考えない方が、最大のパワハラで、それこそ問題ではないでしょうか?国民のことは一切考えず、頭にあるのはアメリカのご機嫌だけ・・・悲しいですね。

2013年12月17日
タイムスさんの記事はWEB上には見あたりません。
以下抜粋。県環境影響評価審査会の宮城邦治会長(沖縄国際大学教授)は24日、米軍普天間飛行場返還問題の辺野古埋め立て承認を究明する県議会の調査特別委員会(百条委員会)に参考人で出席し、仲井真弘多知事の承認に環境の専門的立場から『若干違和感がある』と指摘した。稲嶺進名護市長も参考人として招致され、自らのことし1月の再選は移設反対の民意だとして「承認は納得できない」と述べ、承認の取り消しを求めた。
タイムスさんの記事はhttp://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=63630で。
以下抜粋。「知事の埋め立て承認は、オール沖縄の流れに逆流した」-。稲嶺進名護市長は24日の百条委員会で、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設に断固反対する思いを繰り返した。「知事の判断に名護市民の意見は反映されていない」「2度の市長選での私の当選こそが民意だ」。約2時間半の質疑に、訴えても訴えても県や政府に思いが伝わらないもどかしさをぶつけた。
タイムスさんの記事はhttp://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=63626で。
以下抜粋。翁長雄志那覇市長は24日から始まった市議会2月定例会代表質問で、仲井真弘多知事の名護市辺野古の埋め立て承認について「辺野古移設を認め、今後100年は置かれ続ける基地の建設に(知事)自ら加担した。未来の沖縄を担う世代が今後の基地問題に対して異議申し立てを行う根拠を奪ってしまうのではないか」と懸念を表明した。
これが普通の人間としての感覚です。沖縄の新聞では、去年12月に入ってから、毎日知事に「不承認してほしい」との願いを込めたコメントが載っていました。そんな状況の中で承認してしまった仲井真知事。貴方は今なにを思うのでしょうか? 
2013年12月17日
2月26日
タイムスさんの記事はhttp://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=63682で。
以下抜粋。
米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に反対する稲嶺進市長を支える弁護士や大学教授らによる「辺野古埋立に係る名護市長懇話会」(座長・池宮城紀夫弁護士)が25日、発足した。移設作業における名護市長の許認可などの権限や、移設阻止に向けた対応などを法律面から助言していく。懇話会は市長の私的諮問機関で、辺野古埋め立て承認取消訴訟の弁護士や、大学教授ら十数人が有志で参加。同日、名護市役所で開かれた第1回会合には稲嶺市長や琉球大学法科大学院の高良鉄美教授ら約15人が出席した。
私たちも市長と一緒に頑張ります。これまで、何があってもへこたれなかった私たちですよ。矢でも鉄砲でも持ってこい!
2月27日
タイムスさんの記事はhttp://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=63753で。
以下抜粋。石原伸晃環境相は26日の衆院予算委員会第6分科会で、政府が目指す沖縄本島北部(東村、大宜味村、国頭村)を含む「奄美・琉球」の世界自然遺産の登録に名護市辺野古沿岸海域や大浦湾を追加する可能性について「ユネスコのルールにのっとって、守るべきものがいないところを政治的な問題として後から加えることは環境省として考えていない」と述べた。米軍普天間飛行場の辺野古移設に伴う環境保全に対する玉城デニー衆院議員(生活)の質問への答弁。

石原さん、どこに目や耳をつけているんですか?辺野古・大浦湾の自然こそ守るべき価値のあるものでしょう。政治的な目線で「大切なもの」を大切と言えないなんて嘆かわしいですね。

3月1日
タイムスさんの記事はWEB上には見あたりません。
本当に国内外から支援の輪がどんどん広がり、とてもうれしく思います。この17年諦めないで本当によかったと思います。皆様、これからも宜しくお願いします。
タイムスさんの記事はhttp://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=63879で。
以下抜粋。
米国防総省のキャシー・ウィルキンソン大佐(広報担当)は26日、米上院公聴会で証言し、2013米会計年度(12年10月~13年9月)の米軍の性的暴行事件の届け出数が約5400件で、前年度比で約60%増加していることを明らかにした。数字は中間報告で、最終的にはさらに増える可能性が高いという。国防総省が昨年5月に公表した12会計年度の届け出数は3374件で、被害者の実質推定数は約2万6千人だった。
沖縄だって、ほとんど同じ状況でしょう。だって、米兵が街中をウロウロしているもん。
土曜日のキャンドルだって、女性だけだと怖くて出来ないと思います。キャンドルの30分の間にも、出入りが多いので。
引き続き 「基地いらない 平和の樹」 のハンカチ大募集中です!!よろしく、御願いします。
1月も毎週土曜日 午後6:30-7:00  キャンプ・シュワブ 第1ゲート前  サイレントキャンドル やってます
3月2日 渡具知智佳子 記
みなさん! 10区の会がめげないよう、 応援をおねがいします。
郵便振替 01730-9-9673 ヘリ基地いらない二見以北10区の会