ホーム もどる
2013年  12月22日 知事の歴史的英断
知事は公約を守って
 ここのところ、新聞を開けば「埋め立て申請承認、不承認」の記事ばかりで、正直新聞をみるのが怖くなっています。

 沖縄県民の心は、「埋め立てを認めないでください。」が、圧倒的大多数を占めるのに、今の日本政府は、人の心を捻じ曲げてしまうことも何とも思っていない一種の独裁国家のようになっているので、ウチナーンチュの心をねじ伏せてしまうのではないかと、恐怖を感じています。

 仲井真知事も、東京に行って帰ってきません。どうなってしまうのでしょう。本当に怖いです。

 どうか皆さんの力をかしてください。私たちは、子や孫たちのために、絶対負けるわけにはいかないのです。

 みんなで仲井真知事を支えて、歴史的英断をして頂くよう、応援しましょう。よろしくお願いします。

「仲井真知事、絶対に、歴史的英断をされることを、みんな信じています」と。
引き続き 「基地いらない 平和の樹」 のハンカチ大募集中です!!よろしく、御願いします。
1月も毎週土曜日 午後6:30-7:00  キャンプ・シュワブ 第1ゲート前  サイレントキャンドル やってます
12月22日 渡具知智佳子 記
みなさん! 10区の会がめげないよう、 応援をおねがいします。
郵便振替 01730-9-9673 ヘリ基地いらない二見以北10区の会