ホーム もどる
2013年  7月28日 経済特区ならぬ人権無視特区沖縄
7月21日  
7月22日
タイムスさんの記事はhttp://article.okinawatimes.co.jp/article/2013-07-22_51965で。
以下抜粋。
参院選沖縄選挙区(改選数1)は21日投票され、即日開票の結果、現職で社大党委員長の糸数慶子氏(65)=社民、共産、生活、みどり推薦=が29万4420票を獲得し、新人で自民公認の安里政晃氏(45)=公明推薦=に3万3028票差をつけて3選を果たした。アベノミクスや憲法改正などを掲げ全国的に躍進した自民党だが、沖縄では政策が浸透せず信任を得られなかった。 投票率は53・43%で、補選を除いて過去最低だった前回(2010年)参院選の52・44%を0・99ポイント上回った。
あらためて皆様、糸数慶子さん、当選しました。

応援ありがとうございました。

山城さんは残念でしたが、

これからもみんなで手をとりあってがんばっていきますので、

”ウチナー魂”をしっかり見て、

応援、よろしくお願いします。
7月22日
タイムスさんの記事はWEB上には見あたりません。
以下抜粋。参院選比例代表の県内得票数は、自民が最も多く14万234票(25%)、次いで社民10万7301票(19%)、公明9万980票(16%)。維新6万9287票(12%)となった。・・・
今回、惜しくも落選した山城さんは記名で67798票取ったのに、、当選した儀間さんは33292票・・・。本当に国民の気持ちを反映しているの?
7月21日
タイムスさんの記事はWEB上にはみあたりません。
以下抜粋。「私と同年代の年寄りを寒い日も暑い日も立たせっぱなしにして、政治は何をしているのか。涙が出るほど情けない」。玉那覇清仁さん(82)は、オスプレイ配備への抗議行動が続く米軍普天間飛行場のゲート前を通るたび、怒りがこみ上げるという。
・・・・・・・
フェンス沿いに西側へ行った真栄原に仲真次リエ子さん(45)の自宅がある。・・・騒音にむしばまれる日常の中でも、県内移設が解決策だとは思わない。「辺野古の人の生活やきれいな海が乱される、米国のものは米国に持って帰ってほしい」。
・・・・・
仲真次さんのおっしゃる「辺野古の人の生活やきれいな海が乱される、米国のものは米国に持って帰ってほしい」というお話、

これは、すべてのウチナーンチュの思いです。
7月22日
タイムスさんの記事はhttp://article.okinawatimes.co.jp/article/2013-07-23_52023で。
以下抜粋。沖縄防衛局は22日夜、米軍普天間飛行場野嵩ゲート前で、民間地と米軍提供施設を区切る新たなフェンスを設置する作業に入った。来月上旬のオスプレイの追加配備に向け、住民の反対運動を防ぐ狙いがあるとみられる。オスプレイの配備や普天間の県内移設を進める政権与党が参院選挙で圧勝した翌日の強行工事に、住民らは「何でも許されると思うな」「だまし討ちだ」と激しく反発した。
ウチナーンチュを人間と思っていない、この行動。

安倍内閣はホントにひどい政権です。

これからの日本はどうなっていくのでしょう。
7月16日
タイムスさんの記事はhttp://article.okinawatimes.co.jp/article/2013-07-25_52077で。
米軍嘉手納基地跡の沖縄市サッカー場からドラム缶が見つかった問題で、沖縄防衛局は24日、ドラム缶の付着物と付近の水たまりからダイオキシン類のうち最も毒性が強い物質が検出されたと発表した。米軍が枯れ葉剤としてベトナム戦争で使った除草剤に高濃度で含まれ、奇形などの深刻な被害をもたらした物質。研究者は「枯れ葉剤があった証明だ」と断定するが、防衛局は「否定も肯定もできない」と説明している。
タイムスさんの記事はhttp://article.okinawatimes.co.jp/article/2013-07-23_52030で。
以下抜粋。米軍普天間飛行場へMV22オスプレイ12機が追加配備されることに対し、宜野湾市(佐喜真淳市長)は23日、市役所で市議会や市教育委員会、自治会長会など市の関係7団体と共同会見を開き、抗議声明を発表した。「これ以上の基地負担を断固として拒否する」として、配備計画の中止や普天間飛行場の返還を要求した。
タイムスさんの記事はhttp://article.okinawatimes.co.jp/article/2013-07-24_52046で。
以下抜粋。米軍普天間飛行場野嵩ゲート前で22日午後8時ごろ始まった新たなフェンスの設置作業は日付をまたいで続き、23日午前3時半ごろまでに完成した。オスプレイ配備に反対する市民らが集会などに使っていた空き地にも立ち入りできなくなり、抗議行動への制約を懸念する声が上がっている。
みなさん、沖縄は「日本」なのでしょうか。いえ、人間として私たちが持っているはずの人権を無視しても良い県なのではないでしょうか。沖縄では何をやっても良いのでしょうか。本当にハラがたって、あきれはてて、涙も出てきません。しかし、絶対に負けません。今回の参院選でも沖縄の民意は明確に示されました。
7月25日
タイムスさんの記事はhttp://article.okinawatimes.co.jp/article/2013-07-25_52077で。
米軍嘉手納基地跡の沖縄市サッカー場からドラム缶が見つかった問題で、沖縄防衛局は24日、ドラム缶の付着物と付近の水たまりからダイオキシン類のうち最も毒性が強い物質が検出されたと発表した。米軍が枯れ葉剤としてベトナム戦争で使った除草剤に高濃度で含まれ、奇形などの深刻な被害をもたらした物質。研究者は「枯れ葉剤があった証明だ」と断定するが、防衛局は「否定も肯定もできない」と説明している。
米軍は何十年も居座り続け、挙げ句の果てには「飛ぶ鳥あとをにごして」、後始末は何もしないでおいていく。最低最悪です。
7月18日
タイムスさんの記事はhttp://article.okinawatimes.co.jp/article/2013-07-27_52152で。
以下抜粋。
米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に向けた埋め立て申請をめぐり、県内外から寄せられた「利害関係人」による意見約3500通のうち、県が利害があると認める意見は1割に満たない見通しであることが26日までに分かった。埋め立てに伴い、経済活動や日常生活で実態的な利益・不利益が生じることを「利害」と捉え、名護市外から寄せられた意見の大半は利害関係人に該当しないとみている。ただ埋め立て区域周辺で日常的に活動する自然保護団体など判断の難しいケースもあり、来週以降、慎重に審査を進める。 利害関係人からの意見提出は、6月28日~7月18日の縦覧期間中に受け付けた。公有水面埋立法では、利害関係人を限定的に解釈しないとされ、県内外の環境や自然保護に関心を持つ人が意見を送っていた。だが、環境保護や基地反対を訴える一般的な意見は「利害」の対象外となる。手続き上「利害」に該当しない意見は、あくまで「参考意見」とみなされ、埋め立ての可否判断に事実上影響を与えない。県は内容審査で、考慮すべき利害の有無の確認を進めており、利害関係人の意見の取り扱いが焦点になっていた。
おかしいでしょ!!辺野古、大浦湾の海は国の宝です。ジュゴンも国が守っていかなければならない国の宝です。国の宝を大切に思う方々はみな利害関係者でしょ!!

都合の悪いことは縮小解釈し、都合のいいときだけ拡大解釈するんですか!!
21日の参院選、応援ありがとうございました。

山城さんは残念でしたが、これからも一緒にがんばっていきます。

「新フェンス」「意見書対象外」「」12機のオスプレイ強硬配備」

これでもか!!という状況が続きますが、

私たちはへこたれません。

これからも一層の応援、よろしくお願いします。
引き続き 「基地いらない 平和の樹」 のハンカチ大募集中です!!よろしく、御願いします。
1月も毎週土曜日 午後6:30-7:00  キャンプ・シュワブ 第1ゲート前  サイレントキャンドル やってます
7月28日 渡具知智佳子 記
みなさん! 10区の会がめげないよう、 応援をおねがいします。
郵便振替 01730-9-9673 ヘリ基地いらない二見以北10区の会