ホーム もどる
2013年  2月 3日 「差別ではない」と言おうが「非国民」と言おうが変わらぬ沖縄差別
1月30日  
タイムスさんの記事はhttp://article.okinawatimes.co.jp/article/2013-01-30_44631で。
以下抜粋。防衛省は2013年度予算案で在日米軍駐留経費負担(思いやり予算)の沖縄分に489億6100万円(前年度比0・5%増)を確保し、このうち提供施設整備費(FIP)から1億円を米軍普天間飛行場の老朽化した兵舎の補修や電気供給施設などの補修・整備に充てる。初年度は調査、設計を実施し、整備は数年かかる見通し。
全国のみなさん、私たちの血税がアメリカのために使われているのです。

みんなが苦しい思いをしているのに、

アメリカのムダ使いに使われているのです。

ハラがたちませんか!!
1月31日
タイムスさんの記事はWEB上にはありません。
以下抜粋。安倍晋三首相は30日の衆院本会議で、憲法改正の発議要件を定めた憲法96条を緩和する方向で改正する考えを表明した。憲法改正に関し「党派ごとに異なる意見があるため、まずは多くの党派が主張している96条の改正に取り組む」と明言した。・・・
安倍晋三首相は30日の衆院本会議代表質問で、米軍普天間飛行場の移設問題への対応について「現行の日米合意に従って進め、抑止力を維持しつつ沖縄の負担軽減に全力で取り組む」と述べ、名護市辺野古への移設を推進する考えをあらためて表明した。
安倍首相いわく
「日米の絆を取り戻す必要がある」

ウチナーンチュいわく
「だからってワッターが犠牲になる必要があるか!!」
タイムスさんの記事はhttp://article.okinawatimes.co.jp/article/2013-01-31_44676で。
以下抜粋。
宜野座村の米軍キャンプ・ハンセンの上空で30日、垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ1機が兵士5人をワイヤのようなものでつり下げ、上下にホバリングする訓練を実施しているのが確認された。村によると、同機による兵士の宙づり訓練の確認は初めて。 機体番号「04」が同日午後4時10分ごろ、同村福山区に隣接するハンセン内で、ワイヤに腰を固定した兵士を宙づりにし、ヘリモードでホバリングを実施した。訓練を目撃した男性によると、同機は30分ほどホバリングを繰り返していたという。
こわいね~~。

やっぱり、やっぱり民間地でやる(飛ぶ)もんじゃないよ!!

早く出ていって!!
東京で私たちに浴びせられた罵声が沖縄差別なら・・・・・・・
2月1日
タイムスさんの記事はhttp://article.okinawatimes.co.jp/article/2013-02-01_44700で。
以下抜粋。安倍晋三首相は31日の衆院本会議代表質問で、米軍普天間飛行場への垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの配備について「わが国の安全保障にとって大変大きな意味があるが、運用に際しては地元の皆さまの生活への最大限の配慮が大前提」と述べ、配備は必要との認識を示した。
安倍首相いわく
「地元の皆様の生活への最大限の配慮」

ウチナーンチュいわく
「私たちへの最大限の配慮はオスプレイの全機お持ち帰りです。
ゆくゆくは、米軍基地もお持ち帰りいただきたい。」」
2月2日
タイムスさんの記事はhttp://article.okinawatimes.co.jp/article/2013-02-02_44780で。
以下抜粋。安倍晋三首相は1日の参院本会議代表質問で、オスプレイ配備に反対する県民大会実行委員会が安倍氏に直接手交した建白書が「オスプレイ配備は沖縄県民に対する差別である」と指摘していることについて「日米合同委員会などで安全性は十分に確認されている。配備が沖縄に対する差別だとは考えていない」との認識を示した。
沖縄県民がひとつになって、東京まで要請行動に行っているのに、

それを無視すること自体差別です。

「沖縄いじめ」以外のなにものでもありません。

ひどすぎます。
”3000億円で黙れ”という政府も・・・・・
引き続き 「基地いらない 平和の樹」 のハンカチ大募集中です!!よろしく、御願いします。
1月も毎週土曜日 午後6:30-7:00  キャンプ・シュワブ 第1ゲート前  サイレントキャンドル やってます
2月 3日 渡具知智佳子 記
みなさん! 10区の会がめげないよう、 応援をおねがいします。
郵便振替 01730-9-9673 ヘリ基地いらない二見以北10区の会