ホーム もどる
2012年  9月16日 台風よ!沖縄の怒りを政府に伝えて!
9月9日  
タイムスさんの記事はhttp://article.okinawatimes.co.jp/article/2012-09-09_38731で。
以下抜粋。米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが6日米ノースカロライナ州ジャクソンビル市の市街地に緊急着陸した原因は「エンジンから出火したため」と7日、複数の海兵隊筋が沖縄タイムスの取材に対して証言した。専門家らは、住宅街に隣接している米軍普天間飛行場周辺で同様のケースが起きた場合、緊急着陸する場所の確保が難しいことなどから事故につながる可能性があると指摘し、同機の配備に警鐘を鳴らしている。
「エンジンが火をふいた」これでも、人的ミスと言い張るのでしょうか?

森本大臣は「墜落の危険性があったから、緊急着陸したと聞いている。墜落ではない。」ですって。

本当にすばらしい思考回路をおもちで、敬服致します。
9月11日
タイムスさんの記事はhttp://article.okinawatimes.co.jp/article/2012-09-10_38806で。
以下抜粋。米軍新型輸送機オスプレイが6月に米フロリダ州で墜落した事故に関し、副操縦士と機長による「人的要因が大きい」とする防衛省などの分析評価チームの報告書の全容が10日、判明した。4月にモロッコで起きた墜落事故と同様、米側の調査結果を追認した内容。森本敏防衛相は午後に野田佳彦首相に報告する予定だ。
どこまで「アメリカ様」なのか、そして、ウチナーンチュは差別されなければいけないのか。本当に腹立たしく情けない思いです。でも私たちは負けません。「言葉は柔らかく、でも、どんどん押し付けていけば、沖縄は諦めるさ」とお思いでしたら、どえらいことになりますよ。
9月12日
タイムスさんの記事はhttp://article.okinawatimes.co.jp/article/2012-09-12_38868で。
以下抜粋。森本敏防衛相は11日、仲井真弘多知事と県庁で会談し、6月に米フロリダ州で起きたオスプレイの墜落事故に関し「人的要因が大きい」とした防衛省分析評価チームの報告書を説明した。仲井真知事は、米軍普天間飛行場での運用について「オペレーションが難しい航空機を民家が取り囲む飛行場で使うのは現実的に無理がある。避けてもらいたい」と述べ、配備反対の考えをあらためて示した。
いうにことかいて「車の不具合」と一緒ときた。頭にきた。「墜落の危険性」を「車の不具合」と一緒にされて、殺されたらたまったもんじゃない!!森本さん、そんなに大丈夫と言い張るなら、あなたの地元へ配備して下さい。または国会議員、官僚の専属飛行機にしたらいかがでしょう。
タイムスさんの記事はhttp://article.okinawatimes.co.jp/article/2012-09-12_38865で。
以下抜粋。渡名喜村北部のワタンジ崎から北西約400メートルの海底で爆弾の破片が見つかった問題で、在沖米海兵隊は11日、沖縄タイムスの取材に対し、模擬爆弾を搭載した航空機が3日に現場周辺で訓練を実施し、爆弾を落下させていたことを明らかにした。落下の経緯は不明。
「模擬爆弾だから爆発の危険性はない。」とアメリカのお言葉。そういうことじゃないだろう。人にあたれば、命にかかわることじゃないか。人の命を何だと思っている。
9月13日
タイムスさんの記事はhttp://article.okinawatimes.co.jp/article/2012-09-12_38883で。
以下抜粋。森本敏防衛相は12日午前、米軍新型輸送機オスプレイの試験運用が予定される山口県岩国市で福田良彦市長と会談し、10月初旬とされてきた米軍普天間飛行場での本格運用がずれ込むとの見解を示した。「10月のどこかになる。初旬にはなりそうにない」と述べた。
なぜ私たちの思いが伝わらないのか怒りを通り越して悲しい。でもウチナーンチュは絶対負けない。絶対に!!
9月14日
タイムスさんの記事はhttp://article.okinawatimes.co.jp/article/2012-09-13_38929で。
以下抜粋。「オスプレイ配備に反対する沖縄県民大会」の実行委員会メンバーらは13日、政府や各政党の代表らに対し、垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの沖縄への配備計画の即時撤回、米軍普天間飛行場の閉鎖・撤去を求める大会決議文を手渡した。首相官邸で対応した藤村修官房長官は「熱意はしっかり野田佳彦首相に伝える。誠意を尽くして県民に(配備の)理解を求めていく」と述べ、配備方針を堅持する考えを示した。
日本政府はいい加減、沖縄の声を正面から受け止めてください。

「集団無視」といういじめがあるけど、これはまさしく日本政府の沖縄差別であり、いじめだと思う。
9月15日
タイムスさんの記事はhttp://article.okinawatimes.co.jp/article/2012-09-15_38982で。
以下抜粋。仲井真弘多知事が10月下旬に米ワシントンを訪問し、米海兵隊の沖縄駐留の在り方や普天間飛行場の名護市辺野古移設の是非などを論議するシンポジウムを県主導で開催する方向で調整していることが14日、分かった。訪米に合わせて、垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの普天間配備見直しを求めて、米政府・議会関係者に要請することも検討している。
タイムスさんの記事はhttp://article.okinawatimes.co.jp/article/2012-09-15_38983で。
以下抜粋。米国防総省のリトル報道官は13日の定例会見で、米軍普天間飛行場への垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの配備は「予定通り」との認識を示した。米側は接受国通報で普天間での本格運用時期を10月初旬としている。一方で、日本政府側は安全確保策の日米合意のための協議が難航しているため、森本敏防衛相と玄葉光一郎外相はいずれも10月初旬の運用はずれ込むとの認識を表明している。
こんなにも、こんなにも沖縄県民は「オスプレイ配備反対」と言っているのに、まるで沖縄には人は住んでいないかのごとく自分たちの意見だけを押し付けてくる・・・。これで沖縄が諦めるのを待っているのだろうけど、そうは問屋がおろしません。私たちは断固反対を貫く。これは絶対にゆるがない。

皆様、同じ日本国民として、応援よろしくお願いします。
日曜日、またもや台風16号が沖縄を直撃しています。

今日、外で荒れ狂う暴風は、まさに、ウチナーンチュの日本政府へ対する怒りです。

本当にもう「沖縄いじめ」はやめてほしい。でも絶対まけないよ~だ!
引き続き 「基地いらない 平和の樹」 のハンカチ大募集中です!!よろしく、御願いします。
1月も毎週土曜日 午後6:30-7:00  キャンプ・シュワブ 第1ゲート前  サイレントキャンドル やってます
9月16日 渡具知智佳子 記
みなさん! 10区の会がめげないよう、 応援をおねがいします。
郵便振替 01730-9-9673 ヘリ基地いらない二見以北10区の会