ホーム もどる
2012年  7月22日 今日の私は瞬間湯沸かし器
7月15日  
米軍が沖縄配備を予定する垂直離着陸輸送機MV-22オスプレイをめぐり、米国防総省系の国防分析研究所の元主任分析官が2009年6月、先頭任務の際に起こりうるトラブルを列挙し、墜落の危険性に警鐘を鳴らす証言を米議会の公聴会でしていたことが13日分かった。
7月16日
反対が強い沖縄への配備は難しいから岩国に常駐することになる--。垂直離着陸輸送機MV-22オスプレイをめぐり、24日にも機体が陸揚げされる山口県岩国市では、市民の間に奇妙な”共通認識”が作られつつある。保守系市議らは受入の見返りに基地関係補助金の大幅増を画策。革新系市議や市民団体は米軍再編の履行目標までに岩国基地が機能強化される方向にあると指摘。将来を見越した思惑と疑念が交錯している。
7月17日
野田佳彦首相は16日のフジテレビ番組で、米軍の垂直離着陸輸送機MV-22オスプレイの沖縄配備計画に関し、米側の安全性に関する調査と併せて、日本国内での試験飛行前に政府として安全性を再確認する方針を表明した。地元の懸念に配慮した発言。ただ「配備自体は米政府の方針で、どうしろ、こうしろという話ではない」と述べ、日本政府として拒否できないとの認識を示した。
7月18日
民主党の前原誠司政調会長は17日の記者会見で、米軍の垂直離着陸輸送機MV-22オスプレイの沖縄配備に関し「野田佳彦首相も藤村修官房長官も沖縄、山口両県民の民意を少し軽く考えすぎているのではないか。見通しが甘いと言わざるをえない」と批判した。政権与党幹部が外交・安全保障政策に関し首相を名指しで批判するのは異例。安全性に関する地元の反発が収まらない中、オスプレイ配備をめぐる混乱が一層深まるのは避けられない。
7月19日
タイムスさんの記事はhttp://article.okinawatimes.co.jp/article/2012-07-19_36484で。
以下抜粋。米国防総省が2002年、米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイのエンジンが止まった時に不時着ができるようにする「オートローテーション(自動回転)」機能を開発推進の必要条件から削除していたことが18日、分かった。米議会調査局(CRS)が09年1月にまとめた報告書のなかで指摘していた。当時、オスプレイの開発計画に携わっていた元米高官は沖縄タイムスの取材に対し「問題は認識していたが、海兵隊内部に計画の継続を望む声が強くあった」と述べ、01年の同時多発テロなどを背景に生産計画が継続されたとの認識を明らかにした。
7月20日
タイムスさんの記事はhttp://article.okinawatimes.co.jp/article/2012-07-20_36542で。
以下抜粋。米政府は19日までに、米軍普天間飛行場へ配備する垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ12機について、23日にも一時駐機先の米軍岩国基地(山口県)に搬入する考えを日本政府に非公式に伝えた。また、19日午後現在、海上保安庁の関門海峡海上交通センターはオスプレイを載せた民間の自動車専用船「グリーンリッジ」が22日午後7時半に関門航路へ入航するとしており、岩国到着は22日に早まる可能性もある。
7月21日
タイムスさんの記事はhttp://article.okinawatimes.co.jp/article/2012-07-20_36553で。
以下抜粋。森本敏防衛相は20日午前、米軍が普天間飛行場に配備する予定の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが、一時駐機先の米軍岩国基地(山口県)に23日に陸揚げされると正式に発表した。同省の中国四国防衛局は同日午前、山口県と岩国市にこの日程を伝達した。
一週間ずーっとトップ記事で、一面にとどまらず他の紙面を割いて掲載されています。政府は沖縄のこの怒りをどう感じているのでしょうか?

もし万が一、何も感じないのであれば、もはや、それは日本の政治家として”失格”だと思います。国民の心を感じ取れないのですから・・・。
毎日、毎日、オスプレイの記事が新聞に載っている。新聞だけではない。テレビでもラジオでもやっている。

そのほとんどが県内外の怒りの声だ。

この沖縄県民総スカンの中で配備が強行されたとき、この沖縄はどうなるのだろう。

オスプレイは必ず墜落する!!

多数の犠牲者が出るだろう。そうなったとき、一体誰が責任を取るのだろう。いやその前に責任のとれるような簡単な問題ではない。

日本政府はそんな先の先まで考えているのだろうか?
本当に国民のことを考えてくれているのだろうか?

今の政府のやり方は、?マークだらけだ。

原発の問題にしても、沖縄の基地問題にしても、もっと国民の目線に立ってやってほしいものだといつも切に願っている。国民目線の政治からの逸脱が、民主党政権の堕落を取り返しのつかないものにしてしまった。
7月22日朝、テレビを見ていてあまりにもハラがたって、ハラがたって、追加です追加です。

野田首相いわく「これはアメリカの問題で、日本がどうこう言えることではない」だって!

あなたはどこの国の首長なのですか!?

そしてオスプレイが、いままさに陸揚げされるのはどこの国なんですか!?


玄葉外務大臣いわく「すでにアメリカを出航しているのでいまさら止められない」だって!

私たちは出航するずーーーーーーーーーーーーーーーーっと以前から「止めさせてください」と御願いしてきた。それを完全無視してきたのはどなた方ですか!?

オスプレイは日本全国の上空を飛び、日本全国に墜落と悲劇をもたらす可能性をはらんでいます。そう日本全国の問題です。

私たちの命の危機です。みんなで声を上げましょう!!
1月も毎週土曜日 午後6:30-7:00  キャンプ・シュワブ 第1ゲート前  サイレントキャンドル やってます
7月22日 渡具知智佳子 記
みなさん! 10区の会がめげないよう、 応援をおねがいします。
郵便振替 01730-9-9673 ヘリ基地いらない二見以北10区の会