ホーム もどる
2012年  4月 1日 繁さんお疲れ様でした
3月25日  
タイムスさんの記事はhttp://www.okinawatimes.co.jp/article/2012-03-25_31506/で。
以下抜粋。玄葉光一郎外相は24日那覇市内で記者会見し、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設計画について「絶対に強行しちゃいけない、するべきでない」と述べ、移設は県などの合意が前提との認識を示した。一方で、仲井真弘多知事との会談では「普天間の固定化は絶対にあってはならない。引き続き丁寧に現在の普天間の移設計画について説明をさせてほしい」と述べ、現行計画を推進する意向を表明した。仲井真知事は「辺野古は事実上不可能」として県外移設を求め、議論はかみ合わなかった。
日本政府のやりかたは

強行=推進じゃないですか!!

いい加減にしてください。
辺野古浜にて
タイムスさんの記事は見あたりません。
以下抜粋。米軍普天間飛行場の移設予定地に隣接する大浦湾で、沖縄防衛局が昨年5月に絶滅危惧種のジュゴンが泳ぐのを確認したほか、様々な場所に現れる可能性を示し「今後の行動範囲を注視する必要がある」とする調査報告書を作成していたことが24日、共同通信の情報公開請求で分かった。・・・
人間は目先のことにとらわれて、

とても大切なものを失っていくのです。

日本政府がまさにそうです。
看板もメンテナンス
タイムスさんの記事はhttp://www.okinawatimes.co.jp/article/2012-03-25_31507/で。
以下転載。米軍普天間飛行場から生じる夜間・早朝などの騒音差し止めと損害賠償を国に求めて、同飛行場周辺の住民らが30日に那覇地裁沖縄支部へ提訴する第2次普天間爆音訴訟団の結成総会と支援集会が24日、宜野湾市内であった。原告ら約180人が参加。裁判で違法と認められながらいまだ続く爆音を止めて「静かな日々を取り戻そう」と、裁判の勝訴に向け気勢を上げた。
「静かな夜を返して!!」

ただそれだけなのです。
様々なお客様においでいただき、キャンドルもワイワイガヤガヤとにぎやかなんですよ。
タイムスさんの記事はhttp://www.okinawatimes.co.jp/article/2012-03-25_31500/で。
以下抜粋。
県が「慰安婦」「住民虐殺」の文言を削って那覇市の首里城公園に設置した第32軍司令部壕説明板には24日、文言復活を求めてきた検討委員や市民団体のメンバーが次々に訪れた。既成事実化を目の当たりにし、「なぜ議論を尽くさないのか」と疑問の声を上げた。検討委員は、28日に再協議することを確認したばかりだった。委員の新城俊昭沖大客員教授は「県は私たちに文言の削除を知らせる前に説明板の制作を発注し、今度は話し合いの前に設置した。聞く耳を持たない、誠意が感じられない姿勢だ」と残念がる。
歴史をまげてはいけません。

歴史は歴史として

子や孫へつないでいかなければいけません。
もう、初夏の装い
3月27日
タイムスさんの記事はWEB上に見あたりません。
以下抜粋。在日米軍再編見直しをめぐる日米協議で、沖縄本島中南部の基地のうち、先行返還が検討されている牧港補給地区(キャンプ・キンザー)について、米側が県内の米軍基地3カ所への基地機能移転を、日本側に打診していることが26日、分かった。協議関係筋が明らかにした。
こんな粗大ゴミ

どっかに持って行ってください。
週末を迎え、街に出て行く米兵も、門限0時のシンデレラ。
3月28日
タイムスさんの記事はhttp://www.okinawatimes.co.jp/article/2012-03-28_31625/で。
以下抜粋。米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に向け、沖縄防衛局が提出した環境影響評価(アセスメント)評価書の埋め立て事業分について県は27日、「評価書で示された環境保全措置などでは、生活環境と自然環境の保全を図ることは不可能」とし、同飛行場の「県外移設および早期返還」を求める仲井真弘多知事名の意見を同局に提出した。土砂の算定根拠が不明確などとして列挙した「不適切事項」は36項目404件。工期中の4年間、10トントラックで1日片道2500回運び込む計算になる埋め立て土砂の調達先の明示も要求している。
沖縄のどこにも移設は不可能です。
通り過ぎるドライバーのみなさんのクラクションエールも励みになります
3月24日、私たちの仲間の金城繁さんがお亡くなりになられました。

市民投票の時からいっしょに頑張ってきた仲間です。

繁さんお疲れ様でした。

ご冥福をお祈り申し上げます。
1月も毎週土曜日 午後6:30-7:00  キャンプ・シュワブ 第1ゲート前  サイレントキャンドル やってます
4月 1日 渡具知智佳子 記
みなさん! 10区の会がめげないよう、 応援をおねがいします。
郵便振替 01730-9-9673 ヘリ基地いらない二見以北10区の会