ホーム もどる
2011年  3月13日 お一人でも多くの方のご無事をお祈りして
3月6日
沖縄タイムスさんの記事はhttp://www.okinawatimes.co.jp/article/2011-03-06_15122/で。
以下転載。
米国務省のメア日本部長(前駐沖縄総領事)が昨年末、米大学生らに国務省内で行った講義で、日本人は合意重視の和の文化を「ゆすりの手段に使う」「沖縄はごまかしの名人で怠惰」などと発言していたことが6日までに分かった。メア氏は米軍普天間飛行場の移設問題など日米交渉に実務者として深く関与、移設先を名護市の辺野古崎地区とした現行案決着を米側で強く主張してきた人物の一人。発言は差別的で、日本と沖縄への基本認識が問われる内容だ。

メア発言の詳細はhttp://www.okinawatimes.co.jp/article/2011-03-07_15138/で。
以下抜粋。
講義を聞いた複数の学生がメモを基に作成した「発言録」(A4判3ページ)によると、メア氏は「日本の和の文化とは常に合意を追い求める」と説明したうえで「日本人は合意文化をゆすりの手段に使う。合意を追い求めるふりをしながら、できるだけ多くの金を得ようとする」と述べた。沖縄については、日本政府に対する「ごまかしとゆすりの名人」「怠惰でゴーヤーも栽培できない」などと発言。普天間飛行場は「(住宅地に近い)福岡空港や伊丹空港と同じ」で特別に危険でないとし、日本政府は仲井真弘多知事に「お金が欲しいならサインしろ」と言うべきだと述べている。

メア氏の差別発言に揺れた一週間。

この発言に関してはハラがたちすぎて気分が悪くなるくらい。

この発言に対してコメントすればするほど、

むなしさがますばかりなのでこれ以上は何も言わない。

ただ、沖縄県民は

怒って、怒って、怒って

います。

東北太平洋大震災に襲われた皆様についての毎日の報道を見ながら、オロオロするばかりです。

とにかくがんばってください。

お一人でも多くの方が、無事生還されることを、ただただ祈るばかりです。
1月も毎週土曜日 午後6:30-7:00  キャンプ・シュワブ 第1ゲート前  サイレントキャンドル やってます
3月13日 渡具知智佳子 記
みなさん! 10区の会がめげないよう、 応援をおねがいします。
郵便振替 01730-9-9673 ヘリ基地いらない二見以北10区の会