ホーム もどる
2011年  2月13日 「方便」発言に振り回された一週間
2月7日
タイムスさんの記事http://www.okinawatimes.co.jp/article/2011-02-13_14499/で。
以下転載。鳩山由紀夫前首相は12日までに沖縄タイムス社のインタビューに応じ、米軍普天間飛行場の移設をめぐる政権時の取り組みや対米交渉の全容を語った。移設先を名護市辺野古と決めた理由に挙げた在沖海兵隊の抑止力について「辺野古に戻らざるを得ない苦しい中で理屈付けしなければならず、考えあぐねて『抑止力』という言葉を使った。方便と言われれば方便だった」と弁明し、抑止力論は「後付け」の説明だったことを明らかにした。
さらに「海兵隊自身に抑止力があるわけではない。(陸海空を含めた)四軍がそろって抑止力を持つ。そういう広い意味では(辺野古移設の理由に)使えるなと思った」と語った。前首相が抑止力を後付けとする理屈を挙げたことで、あらためて日米合意の是非に関して論議を呼びそうだ。
2009年12月上旬に現行案での決着を逡巡したと明かした上で、その時点でホテル・ホテル訓練水域の制限解除など、昨年5月の日米合意に盛り込まれた負担軽減策の骨格は米側から引き出せていたと指摘。「軽減策とのパッケージで辺野古に理解がもらえるか考えたが、政治的に持たないと判断し(移設先決定を)延期した」と述べた。
日米合意の直前には沖縄、日本政府、米国の三者による協議機関の設置構想を持ち、5月の2度目の来県時に仲井真弘多知事へ打診したと明かした。知事が「知事選前にそのようなことはできない」と話したため、構想を断念したという。
決着期限を10年5月としたのは7月の参院選の争点化を避けるためだったと明言。5月の大型連休に渡米しオバマ米大統領との直接交渉を検討していたとし、実現できなかったことを「後悔している」と振り返った。
09年の衆院選で「最低でも県外」と掲げたことについては「民主党の沖縄ビジョンに書かれていることを言った。順序立てた見通しがあったというより『しなければならない』という使命感だった」と述べ、戦略性が欠如していたことを認めた。結果的に実現できなかったことには「詰めの甘さがあった。申し訳なく思っている」と陳謝した。
県外の移設先として鹿児島県徳之島を模索し始めたのは09年内の決着を先送りした直後だったとし「地上部隊を沖縄に残してヘリ部隊だけを移すとなると距離的にギリギリと考えた」と説明。徳之島が自身の「腹案」だったと明かした。
最初、新聞の見出しを見たとき、思わず絶句してしまった。

それくらい鳩山さんの発言は衝撃的だった。

よくも、こんな大切な問題について、軽々しいうそを言えたものだ。

しかしながら、彼の軽々しいうそが、今の沖縄県民の「県外」という揺るぎない心を作ってくれたのだと感謝すべきなのかもしれない。それまで「どうせ上の言うことにはさからえないサー」と思っていた人たちに、「『県外』と言っていいんだ。ダメなことはダメと言っていいんだ」と思わせてくれて、結果あの仲井真さんまで「県外」を公約に当選させてしまった。

14年間流れを見てきた私たちにとって、この問題が起こった最初の頃以上の大きなうねりになったと感じている。もはや私たちは、この大きなうねりを維持していけばいいのだ。まだまだ道のりは長いのかもしれないが、少しずつ短くなるよう、これからも皆様の応援をよろしくお願いします。私たちもがんばります。


ところで、この問題で大騒ぎになっているさなかにも、米兵殺人事件は同じ米兵夫婦によるものだと明らかになったり、パラシュート降下訓練を嘉手納基地で強行したりとやりたい放題が続いています。

もう米軍は沖縄から出て行くしかないと思います。
1月も毎週土曜日 午後6:30-7:00  キャンプ・シュワブ 第1ゲート前  サイレントキャンドル やってます
2月20日 渡具知智佳子 記
みなさん! 10区の会がめげないよう、 応援をおねがいします。
郵便振替 01730-9-9673 ヘリ基地いらない二見以北10区の会