ホーム もどる
2010年 12月12日 公約は公約。いまさら何をくちゃくちゃと・・・。
12月6日
タイムスさんの記事はhttp://www.okinawatimes.co.jp/article/2010-12-06_12604/で。
以下抜粋。3日から始まった日米共同統合演習に伴い、海上自衛隊岩国航空基地の第111航空隊所属の掃海ヘリコプターMH-53Eが那覇空港に飛来していることが、5日までに分かった。うるま市勝連平敷屋の米海軍ホワイトビーチでは同日、寄港していた米海軍と海上自衛隊の艦船のほとんどが出港。6日から海上でも訓練が本格化するとみられる。
私の仕事場もうるま市にあるが、朝から米軍ジェット機が飛び交いとてもうるさいものでした。たまたま駐車場で伊波さんを応援してくれた友人と会ったので、「このうるさいのを目の当たりにすると、やはり伊波さんを当選させたかったねー」という話になりました。
12月7日
タイムスさんの記事はhttp://www.okinawatimes.co.jp/article/2010-12-07_12631/で。
以下抜粋。宜野湾市の安里猛市長は6日、就任あいさつで名護市の稲嶺進市長とともに、仲井真弘多知事を県庁に訪ねた。安里宜野湾市長は、仲井真知事が米軍普天間飛行場の移設先を名護市辺野古崎とした日米共同声明の見直しと県外移設を政府に求めたことに触れ、「知事が総理に会ったのは非常に励み。私も名護市長も知事をバックアップしながら頑張っていきたい」と述べた。ただ、仲井真知事は「同床異夢の感がないわけではない」と述べ、意見交換を避けた。
出た~!!

みなさん、仲井真さんはこういう人です。

沖縄県民は、人がよすぎる!!

投票の時、もっともっと考えて投票してほしかった!!

フツッ、フツッとこみ上げてくることがあります。

でもねぇ、仲井真さん忘れないで。

あなたは県外移設を公約して当選したのですよ。
12月9日
タイムスさんの記事はhttp://www.okinawatimes.co.jp/article/2010-12-09_12689/で。
以下抜粋。米軍普天間飛行場の移設問題をきっかけに「自分たちで沖縄問題を発信しよう」と新聞づくりを進めてきた長野県北安曇郡松川村の松川中3年C組(32人)は8日、取材の成果をまとめた「沖縄新聞」を発行した。「沖縄の問題は日本全土の問題。何かしなければならない」との思いを強くした生徒たちは「新聞を読んで沖縄に関心を持ち、沖縄の人の気持ちを考えて行動してほしい」と訴える。
若い世代が、それも他県の子どもたちが考えていてくれていることがとても嬉しい。

本当に全国民が考えるべき問題です。
タイムスさんの記事はhttp://www.okinawatimes.co.jp/article/2010-12-09_12687/で。
以下抜粋。8日午前11時45分ごろ、渡名喜村の港湾内にある急患搬送用ヘリポートに、米空軍嘉手納基地所属のHH60救難ヘリコプター1機が緊急着陸した。けが人や建物などへの被害はない。村への事前連絡はなかった。
アメリカ軍にとって、私たちの命より訓練が大切なのです。

沖縄県民は、そのことを強く感じなけれないけないと思います。
12月10日
タイムスさんの記事はhttp://www.okinawatimes.co.jp/article/2010-12-10_12718/で。
以下抜粋。沖縄周辺の米軍訓練空域などで実施されている日米共同統合演習が始まった3日以降、本土から県内へ送られた航空貨物便を利用した宅配などの到着が、通常より1日から3日程度遅れるケースが大規模に発生していることが9日、分かった。過密な演習を警戒した航空各社が、上空待機や九州の空港へのダイバート(目的地変更)に備えて、通常より長い時間飛べるように燃料を積み増した分、搭載貨物量を減らしたのが原因。日米共同演習が、県民全体の生活や経済活動に直接影響を与える深刻な事態となっている。各航空会社では乗客の安全を最優先に対応。日本航空(JAL)では「自社の判断で余分に燃料を積んでいる。通常は緊急時の着陸先を嘉手納基地にしているが、演習中は鹿児島空港へ切り替えて対応している」という。その影響で、羽田空港では8日、100個以上のコンテナ(計40-50トン)を積めず、遅延が発生し、現在羽田での荷物の受託を制限している。9、10日の深夜に1便ずつチャーター便を運航して対応。「迷惑を掛けないように、影響を最小限に抑えたい」と話す。
県民の皆さん、私たちはこれだけ被害を受けてるんですよ。

もっと、もっと自分たちのうちなーに関心を持ちましょう。
11月20日
タイムスさんの記事はhttp://www.okinawatimes.co.jp/article/2010-12-11_12747/で。
以下抜粋。名護市の米海兵隊キャンプ・シュワブのレンジ10で10日、市が米軍側に訓練自粛を求めている中、実弾射撃訓練が実施された。訓練は8日に続くもので、市には地域住民から「うるさい」との苦情が寄せられていた。市議会の軍事基地等対策特別委員会(大城敬人委員長)は10日、抗議決議する方針を決めた。
久志岳は富士山のような形のとてもきれいな山です。

でも、その山は演習に使われていてはげ山になってるんです。

いい加減にして!!
タイムスさんの記事はhttp://www.okinawatimes.co.jp/article/2010-12-11_12751/で。
以下抜粋。仲井真弘多知事は10日、県庁内で2期目就任後初の記者会見を開き、菅直人首相が来週末にも来県を検討していることについて、「(米軍普天間飛行場の代替施設について)県外移設を強く求めたい」と述べた。知事選の公約に掲げた普天間飛行場代替施設の県外移設実現に向けた手法の一つとして、22日の全国知事会で県外移設を求める意向を明らかにした。
来週末にも早々と政府の要人が来県するという。

仲井真知事、いまだけでなく、ずーーーーーーーーーーっと

「県外」ですよ。

「県外」はあなたの公約ですから、。
1月も毎週土曜日 午後6:30-7:00  キャンプ・シュワブ 第1ゲート前  サイレントキャンドル やってます
12月12日 渡具知智佳子 記
みなさん! 10区の会がめげないよう、 応援をおねがいします。
郵便振替 01730-9-9673 ヘリ基地いらない二見以北10区の会