ホーム もどる
2010年  9月 5日 名護市議選が告示されました。
まずは、報告があります。

8月31日に沖縄を直撃した台風7号は沖縄県北部に深刻な被害を与えました。

と同時に、2000年から10年間続けてきた「日曜朝市」のプレハブが全壊しました。プレハブの後ろにたっていたモクマオウの大木が倒れてプレハブ小屋を押しつぶしたのです。

被害は甚大でおそらく再開は難しいと思っています。

今後のことはまだはっきりしていませんが、再開ができないということになれば、これまでご愛顧頂いた皆様には感謝の言葉もございません。

本当にありがとうございました。
私は、「ヘリ基地いらない二見以北十区の会」の共同代表をしていることもあって、なにか基地問題や政治情勢の変化があるとよくインタビューされます。

そのときいつも、「小さな動きに一喜一憂していたら、14年間続けることなどできなかったと思う。いくら沖縄県民のほとんどの人が基地反対を訴えたところで、一部の人々と片づけられてしまうのなら、住民の意思を問われる場では、常に県民の基地は要らないという意志を政府に指し示していかなければならない」と言ってきました。

さて、名護市議会議員選挙が今日告示されました。27の議席に37人が立候補します。たいへんな激戦です。わたしたちは、わたしたちなりにこの選挙に臨みたいと思っていますが、全国の皆様も、その推移に関心を持ってご覧いただければと思います。

1月も毎週土曜日 午後6:30-7:00  キャンプ・シュワブ 第1ゲート前  サイレントキャンドル やってます
9月5日 渡具知智佳子 記
みなさん! 10区の会がめげないよう、 応援をおねがいします。
郵便振替 01730-9-9673 ヘリ基地いらない二見以北10区の会