ホーム もどる
2010年  2月 7日 守らなければならない地球の宝
2月2日
新報さんの記事はhttp://ryukyushimpo.jp/news/storyid-156738-storytopic-3.htmlで。
以下抜粋。岡田克也外相は1日、米軍普天間飛行場の新たな移設先を政府与党で話し合う沖縄基地問題検討委員会の検討対象として、「望ましいことではないが、普天間のほかになければ今のままということもあり得る。(普天間は予定通り返還されるべきだとした)首相は『思い』を言われたのであって、明確に(継続使用を)否定したわけではない」と述べ、普天間飛行場の固定化の可能性に言及した。都内の日本記者クラブでの講演後、参加者の質問に答えた。
 昨年12月5日(名護での住民対話集会)に岡田さんに会ったときから、「この人は沖縄に基地を作りたいんだな。それを止めるには市長選に勝つ以外に道はない」と思っていました。だからこそ命がけで、言葉はオーバーだと思うかもしれないけど、それほどに、私を含め、みんな必死で市長選を戦いました。
 
 市長選で基地建設に反対する市長が誕生してすぐに、「へたすると、普天間は動かないよ!!」って。このおどしは何ですか?

名護市民のせいで
普天間が動かないかもしれない


という言い方こそ、

私たちをバカにしているし、

民意をコケにしているし

絶対に許せない!!
新報さんの記事はhttp://ryukyushimpo.jp/news/storyid-156748-storytopic-1.htmlで。
以下抜粋。東村高江区へのヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)移設工事に関し、工事再開の方針が示された1日の住民説明会。「区民が犠牲になってもいいのか」。工事断念を強く求める住民らに対し「移設は県民の負担軽減のため必要」と繰り返す沖縄防衛局。区民の質問は途絶えず、時折やじも飛ぶなど約3時間、紛糾した。会場の高江区公民館には区外からも関係者が集まり、説明内容を注視した。
辺野古がなくなるんだから、高江のヘリパッドも意味ないんじゃない!?。

それよりも何よりも、”ブロッコリーの森”が、こんなどうしようもない施設のためになくなるのは地球の宝を失うことになることの重大さを考えてほしい。
2月4日
新報さんの記事はhttp://ryukyushimpo.jp/news/storyid-156904-storytopic-3.htmlで。
以下抜粋。普天間飛行場移設問題の解決を求める意見書・決議の採択に向け、県議会で3日、与野党それぞれの検討作業が本格化した。10日開会の2月定例会で全会一致の可決を目指しており、週明けの8日にも与党と野党の代表者による文案調整が行われる見通し。
今回は是非全会一致で決議してほしい。

今こそウチナンチュの本当の思いを示してほしい。
 最近、仲井真知事が「基地は県外がベスト」と言い出しているが、私はこの人を信用しない。名護市長選でも、島袋さんの選挙カーに乗って応援していたし、なんといっても4年前、容認派で当選しているのだから。

 仲井真さんが本当に気持ちが変わったというのなら、本当に基地反対の気持ちが芽生えたのなら、知事選には出馬しないことです。
1月も毎週土曜日 午後6:30-7:00  キャンプ・シュワブ 第1ゲート前  サイレントキャンドル やってます
2月 7日 渡具知智佳子 記
みなさん! 10区の会がめげないよう、 応援をおねがいします。
郵便振替 01730-9-9673 ヘリ基地いらない二見以北10区の会