ホーム もどる
2010年  1月31日 また、日常がはじまりました。
 うれし泣きした市長選から一夜明けたとたんに平野官房長官の「市長選は斟酌しない」発言。ホントハラがたちました。

 この人は岡田さんと一緒で「沖縄に基地を押し付けたい人なんだなー」と。

 でも、この名護市長選挙の結果が基地を受け入れるか否かの名護市民の民意であることは、全国の皆様が分かっていることで、昨年の衆院選の前にあれほど「沖縄の負担を軽くするため普天間は県外移設!!」とおっしゃっていた民主党がこの約束を破ると言うことが、このさきどういう結果をもたらすのか、よく考えて発言してもらいたいと思います。
 名護市長選挙から1週間たちました。なにかとっても時間がゆっくり流れた一週間でした。稲嶺進さんの就任式は2月8日ですが、すでに動き出しています。平野官房長官の発言にも抗議してくださいましたし、小沢一郎さんの来県があったのですが、小沢さんにも直訴しています。

 私は稲嶺さんが当選したことで終わったとは思っていません。でも、これまで何を言っても”ムナシサ”だけが残ることが多かった13年間に比べて、これからはひとつひとつが大きな一歩一歩となることは間違いないと思っています。

 全国のみなさんの応援があってこそ、この市長選に勝つことができました。あらためて本当にありがとうございました。でも、これからも変わらずがんばっていきます。「平和の樹」も「ピース・キャンドル」も続けていきます。そして日曜朝市は10年目に入り、つるおばあもみさおばあもますます元気で、これからも続けていきますよー。これからも、変わらず、ご支援そしてご意見など、よろしくお願い致します。

 沖縄におこしの際は、是非十区にもお立ち寄りください。
おばあの朝市は10年目を迎えました。
1月も毎週土曜日 午後6:30-7:00  キャンプ・シュワブ 第1ゲート前  サイレントキャンドル やってます
1月31日 渡具知智佳子 記
みなさん! 10区の会がめげないよう、 応援をおねがいします。
郵便振替 01730-9-9673 ヘリ基地いらない二見以北10区の会