ホーム もどる
2009年 11月15日 「約束は守ってください」
11月9日
新聞は県民大会一色でした。

新報さんも、タイムスさんも息子の

「約束は守ってください」

がタイトルになっていました。

発言させてよかったとあらためて思いました。



11月10日
新報さんの記事はhttp://ryukyushimpo.jp/news/storyid-152569-storytopic-1.htmlで。
以下抜粋。7日に読谷村楚辺の旧米軍補助飛行場近くの雑木林でひき逃げされたとみられる男性(66)が頭から血を流し遺体で発見された事件で、嘉手納署は9日、現場近くの自動車修理工場に持ち込まれたフロントガラスの割れた米軍関係者の私用車両(Yナンバー)が事件に関与した疑いがあるとして押収、鑑識活動を実施した。関係者によると、修理工場で書類に書き込まれた内容などから、車両を持ち込んだのは在沖米陸軍トリイ通信施設の関係者とみられる。工場に持ち込まれた車のフロントガラスには毛髪や血が付着しており、鑑定で男性のものと判明すれば、同署は米軍に照会し、自動車運転過失致死と道路交通法違反(救護義務違反)の容疑で運転者の事情聴取を要請する。
この事件、なんてひどい話!

この米兵はひき逃げして、近くの修理工場に

血もついたまま修理に持ち込んでいる。

ネコやイヌでもひいたと思ったのだろうか。

それとも、人間を動物以下だとでも思ってるんだろうか。
新報さんの記事はhttp://ryukyushimpo.jp/news/storyid-152565-storytopic-3.htmlで。
以下抜粋。8日に開かれた「辺野古への新基地建設と県内移設に反対する県民大会」の実行委員会は9日、県議会で幹事会を開き、訪米中の講演で普天間飛行場の「県外・国外移設は不可能」と述べた松沢成文神奈川県知事を?日に訪ねて、抗議文を手渡すことを決めた。
これもひどい。

知事とは思えない発言。

仲井真知事が抗議一つしなかったのもそうだけど、

他県の知事から基地を押し付けられる話など絶対許せない。

無責任な話するんだったら、神奈川県に基地を全部もってけ!!
11月12日
新報さんの記事はhttp://ryukyushimpo.jp/news/storyid-152682-storytopic-3.htmlで。
以下抜粋。自民党県連の翁長政俊幹事長は11日、自民党本部で石破茂政調会長と会談し、普天間移設問題への対応について意見交換した。翁長幹事長は、米軍普天間飛行場の県内移設を容認してきた従来の県連の立場から、鳩山政権に県外・国外移設の実現を迫っていく方針転換の意向があることを伝えた。「政府方針の決定が長引くことで、普天間が固定化されることが最悪のシナリオ」として、13日の日米首脳会談で明確な政府方針が示されない場合には、県連として県外移設の要求に踏み込む見通しだ。
新報さんの記事はhttp://ryukyushimpo.jp/news/storyid-152698-storytopic-3.htmlで。
以下転載。島袋吉和名護市長は12日午前、市役所で会見し、米軍普天間飛行場の移設問題について「市は県の受け入れ要請に対して苦渋の選択をしたもので、誘致ではない」と述べ、「政府から危険性がより早期に解決できる代替案が速やかに提示されるのであれば、これを歓迎する」と、政府が県外移設を打ち出せば容認する考えを表明した。
私たち名護の市民は12年前「基地はいらない」と選択しています。

それをストーカーのように、あの手この手で執拗に建設しようとしてきた自民党、そして旧政権の責任はとても重い。

特に、名護市の島袋市長は、公約で「基地建設反対」と言っておきながら、当選するや否やV事案を受け入れてしまったことを決して忘れていません。

この期に及んで、「国が容認するなら、私も容認する」とは、その真意はさることながら、一国の主になりながら、この町をどのように導くべきかというご自分の意志も展望も持っておられないと見えます。

とてもハラが立つ!!。


11月14日
新報さんの記事はhttp://ryukyushimpo.jp/news/storyid-152786-storytopic-3.htmlで。
以下抜粋。鳩山由紀夫首相は13日、初来日したオバマ米大統領と官邸で約1時間半、会談した。米軍普天間飛行場移設を含む米軍再編合意について、大統領は「政権が代わって見直しすることは率直に支持する。(見直しに伴い、米軍再編合意の)ロードマップ(行程表)の修正が必要になることもあり得る。ただ基本は守るべきだ」と述べ、現行案の変更に柔軟な姿勢を示した。今後は、来週はじめに始まる閣僚級の作業グループを通じて早期に結論を出していく方向で一致した。
記事のタイトルは柔らかいが、結局「基本(辺野古移設)は守るべき」とクギをさしている。

オバマさんには絶対に名護市民、沖縄県民の思いを伝えなければならない。



鳩山さん!!

ご自分で「県外・国外」を宣言しながら、

ご自分の立場が現実に問われるようになると、

名護市民の判断にゆだねる(名護市長選挙後の針決定)と言われる。

名護市の将来をめぐり人々はまたしても揺さぶられるのでしょうか。

このドキドキ感、分かってもらえますか?
7月も毎週土曜日 午後6:30-7:00  キャンプ・シュワブ 第1ゲート前  サイレントキャンドル やってます
11月15日 渡具知智佳子 記
みなさん! 10区の会がめげないよう、 応援をおねがいします。
郵便振替 01730-9-9673 ヘリ基地いらない二見以北10区の会