ホーム もどる
2009年 10月11日 基地で争っている間に地球がだめになってしまう
10月6日
新報さんの記事はhttp://ryukyushimpo.jp/news/storyid-150806-storytopic-1.htmlで。
以下抜粋。県は5日、9月に実施された米軍普天間代替施設建設予定地周辺での試験飛行(デモフライト)時の騒音測定結果を公表した。代替施設北側に位置する安部集落で、北東方向への飛行時に最高値91・5デシベル(騒々しい工場の騒音程度)を記録し、沖縄防衛局が同集落で記録した最高値84・1デシベル(交通量の多い道路の騒音程度)を上回った。県は「防衛局の測定結果や準備書での予測値とも大きな差はない」との認識を示した。測定結果は13日に提出する知事意見に反映させる方針。
陸地を飛ばさないでこのうるささだったら、実際に作られたらどれだけうるさいか。住宅地の上空を飛ぶのは目に見えているのだから。
騒音測定デモフライトの測定結果は以下です。
橙色のコラムは環境アセス準備書と大きく乖離しています。また低周波音は比較対象がありませんが、100dbに近い数値を観測することになれば騒音による影響はもちろん、周波数によっては建造物や家具などとの共振もによる振動の影響も問題となってきます。

”デマフライト”と言われるほどに影響を少なく見せかけようとしながら、準備書とはかけ離れた値が出ています。”大きな差がない”と防衛局はまたしてもうそぶくことになりました。

アセス準備書の騒音コンタ図を載せておきます。
CH-53の離着陸コンタ図
CH-53のホバリングコンタ図
10月7日
新報さんの記事はhttp://ryukyushimpo.jp/news/storyid-150888-storytopic-1.htmlで。
以下転載。名護市東海岸の大浦湾のアオサンゴ群集の一部に、白化とみられる現象が広がっているのが確認された。9月29日に同海域を調査した沖縄リーフチェック研究会が見つけた。日本自然保護協会は「何らかの環境変化によるストレスが白化現象を起こしている可能性が考えられる」と懸念した。10~13日の3日間で同協会と研究会は合同で緊急に潜水調査を実施し、現状把握や経過観察をして、状況を分析する予定だ。大浦湾のアオサンゴ群集は、長さ50メートル、幅30メートル、高さ12メートルと巨大な群集で2007年9月に発見された。国際自然保護連合(IUCN)のレッドデータリスト「絶滅危惧(きぐ)2類」に掲載されたほか、環境の変化に弱い単一遺伝子を持つことから世界的にも貴重であるとして、環境保護団体が天然記念物に指定するよう県議会に要請している。
やはり、私たち人間は基地を作る作らないで争うより前に考えなければいけないことがたくさんあると思う。

争っている間に地球はダメになってしまう。
10月8日
新報さんの記事はhttp://ryukyushimpo.jp/news/storyid-150931-storytopic-3.htmlで。
以下抜粋。鳩山由紀夫首相は7日夜、首相官邸で記者団に対し、米軍普天間飛行場移設を含む米軍再編見直しを掲げた民主党のマニフェスト(政権公約)について「国民との約束事で、守ることが大事。簡単に変えるべきではないと今でも思っている。それは、時間の問題、時間というファクター(要素)で変化する可能性は否定しない」と述べ、状況次第では、名護市辺野古への日米合意の県内移設案を認める可能性を示した
ブルータスよろしく「あぁ、鳩山さん、おまえもか」。

まさにそんな感じ。

ころころ変わらないでほしい。

誰も信じられなくなる。
10月8日
新報さんの記事はhttp://ryukyushimpo.jp/news/storyid-151001-storytopic-3.htmlで。
以下抜粋。鳩山由紀夫首相は8日夕、米軍普天間飛行場の移設問題に関し「日米の前政権の下で合意したものをそのまま認めるという意味ではない。沖縄の皆さんの意思を尊重し、3党合意を無視する訳にはいかない。そういった基本をわきまえ、時間軸の中でどういう答えを出して行くかということだ」と述べた。7日の発言に波紋が広がったことから、沈静化を図るため微修正を図ったようだ。首相官邸で記者団に語った。
地元住民は、最近疲労困憊しています。

毎日変わる発言。それに一喜一憂しています。

鳩山さん、あなたの発言を信じて投票した方も多いと思いますよ。

約束はちゃんと守ってください。
10月10日
新報さんの記事はWEB上にはありません。
「県外移設がベストだが、県内移設はやむを得ない」とのみ繰り返す仲井真知事に、6日の県議会の一般質問で自民党議員がベストを追及すればいいのではないかと追及する出来事がありした。普天間移設の公約期限も守れない中で立場の表明へと差し込まれています。
なぜ、のど元まで来ているのに言えないの?

一般庶民にはわからない。

あなたが言い出しっぺにならなければ誰が言うの?

何も言わないのは”保身”のためなの?
7月も毎週土曜日 午後6:30-7:00  キャンプ・シュワブ 第1ゲート前  サイレントキャンドル やってます
10月11日 渡具知智佳子 記
みなさん! 10区の会がめげないよう、 応援をおねがいします。
郵便振替 01730-9-9673 ヘリ基地いらない二見以北10区の会