ホーム もどる
2009年  1月18日 64年経っても、沖縄はまだ戦場です
1月11日
新報さんの記事はhttp://ryukyushimpo.jp/news/storyid-139763-storytopic-1.htmlで。
以下抜粋。米バージニア州ラングレー空軍基地所属の最新鋭ステルス戦闘機F22Aラプター6機が10日午後3時50分すぎ、米空軍嘉手納基地に相次いで飛来した。F22の同基地への配備は2007年2月以来、2年ぶり2度目。約3カ月の間、嘉手納基地に配備されるが、地元では外来機の一時配備による騒音の悪化と常駐化を懸念。嘉手納飛行場に関する3市町連絡協議会(3連協、会長・野国昌春北谷町長)は、これまでに関係機関に対し、中止を求める要請を行っている。
新報さんの記事はhttp://ryukyushimpo.jp/news/storyid-139773-storytopic-3.htmlで。
以下抜粋。訪米中の仲井真弘多知事は9日(日本時間10日)、米首都ワシントンのナショナルプレスビルで記者会見し、基地問題解決への要請行動を終えて「今回の訪米はそれなりに大きな意味があった。関係者多数に伝えることができた。趣旨はかなり伝わったのではないか」と成果を強調した。地位協定見直しの問題では、基地所在都道県の渉外知事会と再度訪米する意向も示した。関係者によると、知事は滞在中、オバマ次期政権で国防次官補起用が予定される元在沖米四軍調整官のウォレス・グレグソン氏と非公式に面談した。
上の2つの記事が一面に上下に掲載されていた。

ずっと、ずーっと前から同じような記事を読んでいるような気がする。

まるで沖縄と米国の上下関係を表しているかのように・・・。

沖縄は変われないのだろうか。
新報さんの記事はweb上ではみつかりません。
ヘリパッドの移設を本気でやめてもらいたいと行動すると、邪魔するものは国家の敵だと言わんばかりに、8歳の子どもまで妨害者だと裁判所に申し立てる沖縄防衛局(8歳の子どもは申し立てを取り下げましたが・・・)。

申し立て却下の署名にご協力ください。

私も署名しました。皆様もよろしくお願いいたします。
1月14日
新報さんの記事はhttp://ryukyushimpo.jp/news/storyid-139848-storytopic-1.htmlで。
以下抜粋。14日午前8時20分ごろ、糸満市小波蔵321番地付近の歩道で、建設業従業員の古波蔵純さん(25)=豊見城市宜保=が水道工事のため重機で掘削作業中、突然爆発が起こった。糸満署によると、作業中の重機が土中に埋まっていた不発弾に接触し、爆発した可能性が高いという。この爆発事故で、古波蔵さんが顔面を負傷し重傷を負ったが、意識はあり、生命に別条はないという。現場裏の老人ホームの男性入所者(75)の1人が割れたガラス片で足に軽傷を負った。午前11時半現在、ほかにけが人は確認されていない。同署と糸満市消防本部が詳しい事故原因を調べている。
沖縄はまだ戦場です

64年経った今もまだ!!
1月15日
新報さんの記事はhttp://ryukyushimpo.jp/news/storyid-139892-storytopic-1.htmlで。
以下抜粋。沖縄総合事務局は15日朝、中城湾港泡瀬干潟埋め立て(東部海浜開発)事業で中城湾港新港地区の航路しゅんせつ工事を開始した。しゅんせつで生じた土砂は泡瀬干潟の埋め立て予定海域に投入される。しゅんせつ開始で泡瀬干潟の本格的な埋め立て工事が再開することになる。工事開始前には事業の反対派と推進派がそれぞれ工事車両入り口前でシュプレヒコールを繰り返した。
昨年11月に那覇地裁で公金支出の差し止めを命じているのに工事を進めるんですね。判決の確定までやめるべきではないでしょうか。
毎週土曜日 午後6:30-7:00  キャンプ・シュワブ 第1ゲート前  サイレントキャンドル やってます
1月18日 渡具知智佳子 記
みなさん! 10区の会がめげないよう、 応援をおねがいします。
郵便振替 01730-9-9673 ヘリ基地いらない二見以北10区の会