ホーム もどる
2008年  3月 9日 この1週間。戦争と隣り合わせの人がいること自体がまちがい。
3月3日
新報さんの記事はhttp://ryukyushimpo.jp/news/storyid-31854-storytopic-1.htmlで。
以下抜粋。沖縄署は2日、沖縄市知花の県建設業協会中部支部事務所のガラス戸などを割って事務所内に侵入したとして、建造物侵入容疑で米空軍嘉手納基地所属の上等兵ウェスリー・ケビン・タフト容疑者(21)を逮捕した。同容疑者は容疑を認めているという。2月の女子中学生暴行事件を受けて全米軍関係者に外出禁止令が出ているさなかだが、同容疑者はゲートを通らず、建設業協会事務所近くの基地のフェンスを乗り越えて基地外に出たという。外出禁止措置が続く中での同事件に対し地元沖縄市や県など関係者から反発の声が上がっている。
 人間、閉じこめられたら出たくなるのは当然の心理だよね。

 だから、

戦争と隣り合わせに生きている人間が沖縄にいること自体まちがってるんだよ

アメリカに帰るべきだよ、米兵は・・・。
新報さんの記事はhttp://ryukyushimpo.jp/news/storyid-31877-storytopic-5.htmlで。
以下転載。全県的に晴天に恵まれた2日、名護市嘉陽の沖合で、悠々と泳ぐ国の天然記念物ジュゴン一頭の姿を、山城博明本紙カメラマンが撮影した。尾びれに傷があることから昨年、世界自然保護基金(WWF)ジャパンとジュゴン保護団体「じゅごんの里」が名付けた「ちゅらごん」とみられる。ちゅらごんの体長は推定約2メートル。午後零時45分ごろ、ヘリコプターから山城カメラマンが撮影した。 じゅごんの里の東恩納琢磨代表は「元気な姿を見せてくれてよかった。これからも、ちゅらごんが生息できる海の環境を守りたい」と喜んだ。
 私たちってどんなに腹がたっていても、赤ちゃんの笑顔を見ると、心おだやかになるよね。まさに、この夕刊の記事はそれでした。

 あの悠々と泳いでいる姿を見ると人間界のいろんなきたない出来事とは別世界です。

 ジュゴンはからだ全体で、私たち人間にいろんなメッセージを送っているんだね。

 人間はそれをしっかり受け止めなきゃね。
3月4日
新報さんの直接の記事はネット上にはありません。以下要約。米兵の女子中学生暴行事件をはじめ度重なる事件で米軍は2月20日から「反省の期間」として軍人、軍属、家族の外出禁止措置がとられてきた。それにもかかわらず2日にも嘉手納基地所属の米兵が建造物侵入など事件を繰り返している。けれども、米軍は4日から米兵については夜間外出禁止に、軍属と家族には外出禁止解除とした。これに高村外相が「全く米軍の自主的な措置なので、われわれがとやかく言う話ではない」と発言した。
まっ、国のおえらいさんはこんなもんでしょ。

私たち国民よりアメリカ様が大切なんだから・・・。
3月5日
新報さんの記事はhttp://ryukyushimpo.jp/news/storyid-31917-storytopic-1.htmlで。
以下抜粋。米軍普天間飛行場代替施設建設の環境影響評価(アセスメント)で、県は4日午後、ジュゴンの複数年調査やサンゴ調査の範囲拡大など26項目101件の実施を求める県の追加意見を沖縄防衛局に郵送した。防衛局が2月5日に書き直したアセス方法書には記載されていなかった事項。今回初めて動植物とアジサシ類の複数年調査の実施も求めた。防衛局はこの県意見を踏まえて再び方法書の書き直しを公表し、アセス本調査のための許認可を県に申請する予定。県は今後、新たな追加意見を出さない方針で、3月中にアセス本調査が始まる見込みだ。
作ること優先のアセスにしないでください。

ちゃんとしたアセスを行ってください。

それだけは絶対お願いしたい。

でも、実際、記事を読んだだけでは何が何だか分からない。

それだけに不安です
3月6日
新報さんの記事はhttp://ryukyushimpo.jp/news/storyid-31944-storytopic-1.htmlで。
以下抜粋。全世界の米軍人に関係する性犯罪が、2006年に前年比24%増と急増していることが、米国防総省がこのほどまとめた報告書で分かった。06年に報告のあった件数(強姦(ごうかん)罪、未遂含む)は2947件で、05年(2374件)に比べ573件増加した。今回の沖縄での女子中学生暴行事件と同様に訴えた後に被害者が申し立てを取り下げる事例も増えており、06年は取り下げ件数は670件と前年(327件)に比べ倍増した。
 現代社会、いろんなことがあって、ストレスも多く、事件・事故も昔に比べて増えていると思う。

 ただ言えるのは、基地がなければ米兵犯罪については100%防げるということだ。

 国はもっと真剣にこの問題に取り組んでほしい。
3月8日
新報さんの記事はhttp://ryukyushimpo.jp/news/storyid-32007-storytopic-1.htmlで。
以下抜粋。自民党県連は7日、県議会内で議員総会を開き、23日に開かれる「米兵によるあらゆる事件・事故に抗議する県民大会」について、参加しないことを正式に決めた。県子ども会育成連絡協議会、県婦人連合会など呼び掛け団体は、超党派による県民大会開催を目指していたが、自民の不参加決定で超党派による大会は不可能となった。・・・公明も大会参加に慎重な姿勢を見せている。仲井真弘多知事も大会参加についてこれまで「超党派というのが当然1つの条件だ」と述べており、知事も参加しない公算が大きい。
被害者の”心情”ではなく、アメリカ様、政府様の”心情”でしょ!!
3月9日 渡具知智佳子 記
みなさん! 10区の会がめげないよう、 応援をおねがいします。
郵便振替 01730-9-9673 ヘリ基地いらない二見以北10区の会