ホーム もどる
2008年  1月 6日 この1週間。まだ、青い海がそこにあるんです。
1月3日
新報さんの記事はhttp://ryukyushimpo.jp/news/storyid-30189-storytopic-1.htmlで。
以下転載。読売新聞は1日付朝刊で、政府が名護市のキャンプ・シュワブ沿岸部に建設予定の米軍普天間飛行場代替施設の政府案(V字形滑走路)を90メートル程度、沖合に移動する修正を行う方針を固めた、と報じた。沖合修正に関しては、町村信孝官房長官が10月31日、首相官邸で仲井真弘多知事と面談した際、50メートルの移動を打診。仲井真知事は受け入れず、さらなる沖合移動を求めていた。県側は「聞いていない」としながらも「事実なら歓迎だ」と期待した。読売新聞の報道によると政府は県側の要求に応えるため、代替施設の当初位置から約90メートル沖合にある「長島」のぎりぎりまで移動する案を軸に検討する構えを示した。政府は3月にも移設措置協議会の議題にしたい考え、としている。普天間移設をめぐって政府側は移設措置協議会の主宰を町村官房長官に格上げするなど、防衛省主導から内閣官房主導に大きくかじを切った。凍結されていた2007年度の北部振興事業についても、凍結解除に否定的だった防衛省、外務省、財務省の意向を押し切り、内閣官房が主導して凍結解除に踏み切っている。
お正月からいやな話・・・。私たちは”移動”を求めているのではない。”作るな!!”といっているのです。
 
あけましておめでとうございます。

 旧年中は、わたしのつたない文章を読んでいただき、ほんとうにありがとうございました。

 今年も年頭から上のような記事で始まり先行きが不安ですが、いろんな局面にたたされながらも、まだ、

    青い海がそこにあります

ので、今年もがんばっていきたいと思います。皆様のパワーが私たちを支えていますので、今年もどうぞよろしくお願いします。

 お時間のある方は是非、『辺野古』と『大浦湾』を見にきてください。

 お待ちしています。

12月30日 渡具知智佳子 記
みなさん! 10区の会がめげないよう、 応援をおねがいします。
郵便振替 01730-9-9673 ヘリ基地いらない二見以北10区の会