ホーム もどる
2006年 11月 7日 「V字滑走路双方向使用」に対する抗議と要請
在沖米国総領事 ケビン・メア 様
内閣総理大臣 安倍晋三 様
名護市長 島袋吉和 様
「V字滑走路双方向使用」に対する抗議と要請
 11月6日の地元2紙朝刊は、いずれも1面トップで、日米両政府が辺野古・大浦湾沿岸部に建設を計画している普天間飛行場代替施設(新基地)のV字型滑走路について、2本の滑走路の双方向から米軍機が進入・着陸できるよう、それぞれの滑走路の両端、計4カ所に進入灯を設置することを米国側が要求していると報道しました。

 今年4月、名護市長および北部4町村長らは、「2本の滑走路を離陸用と着陸用に使い分けることによって住宅地の上を飛ばさない」という日本政府の説明を鵜呑みにして「沿岸案」に合意しましたが、私たちは、米軍の運用実態から見ても、そのような使い分けはありえず、2本の滑走路を使って、米軍機が自由自在に住民の頭上を飛び回ることになると批判・警告してきました。その警告がまさに現実のものになろうとしているのです。

 小泉前政権よりさらに米国追随の姿勢を強める安倍新政権の誕生で、日本政府は言いなりになると見た米国政府の本音が現れたとも言えるでしょう。日本政府は進入灯の設置そのものは拒否しつつも、双方向からの進入は「緊急時の例外措置」として容認する考えだと報道されています。

 「沿岸案」の直撃を受ける私たち地元住民は、これを断じて許すことはできません。この地域でこれからも生き、子や孫を生み育てることを否定する米国政府の要求に強く抗議するとともに、次のことを要請します。


1)米国政府は4カ所の進入灯設置の要求を直ちに撤回すること

2)日本政府は米国の要求を、「例外措置」も含めて拒否すること

3)島袋名護市長は「合意」の前提が崩れた今、市民の安全と生活を守るため、日本政府との「合意」を速やかに撤回すること 
2006年11月7日
ヘリ基地いらない二見以北10区の会
(共同代表・渡具知智佳子/浦島悦子)
〒905-2266 名護市瀬嵩48 
じゅごんの里気付 0980-55-8522

みなさん! 10区の会がめげないよう、 応援をおねがいします。
郵便振替 01730-9-9673 ヘリ基地いらない二見以北10区の会