ホーム もどる
2018年 6月23日 新基地地元説明 市長から防衛局に開催要請を求める
 空梅雨の沖縄でしたが、16日、やっと台風のおかげで雨がふりました。そして、慰霊の日を迎えた今日、梅雨明けしました。

 少し掲載が遅れましたが、「辺野古・大浦湾に新基地つくらせない二見以北住民の会」で、渡具知武豊名護市長を訪ね、いろいろ問題が噴出している辺野古新基地についての防衛局による地元住民への説明を求めるよう要請してきました。

 要請行動の記事と要請文を掲載します。ご一読いただければ幸いです。
2018年6月4日
名護市長・渡具知武豊 様
辺野古・大浦湾に新基地つくらせない二見以北住民の会
(会長・松田藤子)
沖縄防衛局に対し地元住民への説明を行う
よう、名護市として要請して下さい(要請)
 市民の付託を受けてのお仕事、ご苦労様です。

 私たち、辺野古新基地建設計画の地元に住む住民は、基地建設をめぐるさまざまな問題や危険性が報道される中、大きな不安を抱えた生活を強いられています。これらはいずれも、地元住民の生活に直結する重大な問題であることから、事業者である沖縄防衛局に地元の不安を払拭してほしいと、去る4月13日、別紙のような「地元住民への説明を求める要請」を中嶋浩一郎局長あてに送付し、地元に来て説明するよう正式に要請しました。

 しかしながら1週間後に窓口担当者からいただいた答えは「説明するつもりはない」という一言で、文書回答も拒否されました。その理由は「前例がない」というものですが、防衛局は宮古・石垣において自衛隊建設に関する住民説明会を行っており、事実に反しています。

 事業への賛成・反対以前に、地域に影響を及ぼす事業については事業者が住民に説明するのは当然の義務であり常識です。沖縄防衛局の答えは、事業者として無責任な態度と言わざるを得ません。

 その後、新基地予定地周辺には、安全のため米軍が定める高さ制限を超える多くの施設(辺野古弾薬庫も含まれる)や集落があり、基地建設には適さない場所であることも判明しました。基地建設に向けた工事が進む中、私たちの不安は募るばかりです。

 市長におかれましては、市民の生活を守る立場から、市民を不安の中に放置することのないよう、名護市として、地元住民への説明を行うよう沖縄防衛局及び局長に要請してくださるよう、お願い申し上げます。

 なお、以上の件について地元住民の思いをお伝えしたく、市長との面談を要請いたします。
面談の日時は6月市議会開会前を希望します。日時等の調整について、ご連絡をお待ち申し上げます。
なお、4月13日に防衛局に送付した要請書は以下のようなものです。
2018年4月13日
防衛省沖縄防衛局長・中嶋浩一郎 様
辺野古・大浦湾に新基地つくらせない二見以北住民の会
(会長・松田藤子)
地元住民への説明を求める要請
 私たちは、辺野古新基地建設が計画されている大浦湾周辺(二見以北地域)に居住する住民として、これまで再三にわたり、本事業に関する地元への説明を事業者である沖縄防衛局に要請してきました。しかしながら安倍政権は、「地元に誠心誠意説明を尽くす」と繰り返し全国民にアピールしながら、私たちの要請をことごとく無視し、足蹴にしてきました。これは、事業によって最大の被害をこうむる地元への説明責任という意味でも到底納得できるものではありません。

 現在、辺野古・大浦湾では、翁長雄志知事をはじめ沖縄県民の反対を押し切って埋め立てのための護岸工事が強行されていますが、昨年来、新聞その他のメディアにおいて、大浦湾の海底地盤がきわめて軟弱であること、大浦湾に2本の活断層が存在する可能性などが再三にわたって報道され、それらの危険性が指摘されています。

 また、-キャンプ・シュワブ陸上部の改変に伴い米軍が辺野古弾薬庫の建て替え・拡張工事を行うことも報道されました。そこには新たな弾薬庫や武器の組み立ても含まれるとの報道に、もし事故や爆発があったら…と血の気が引く思いです。

 これらはいずれも、地元住民の生活に直結する重大な問題であり、私たちは大きな不安の中での生活を強いられています。地元の不安を払拭するためにも、責任主体である沖縄防衛局長として貴職が地元に赴き、以下の点について、地元住民に対し責任ある説明を行うことを強く要請します。

@ 大浦湾の海底地盤について沖縄防衛局はどのように認識しているのか
A 報道されているような軟弱地盤である場合、どのように対応するのか
B 活断層の存在についてどのように認識しているのか
C 活断層は埋め立てや基地建設にどう影響するのか
D 辺野古弾薬庫の建て替えの目的と経過について
E 新基地の高さ制限について
F その他
みなさん! 10区の会がめげないよう、 応援をおねがいします。
郵便振替 01730-9-9673 ヘリ基地いらない二見以北10区の会