ホーム もどる
2013年   10月 6日 名護市への意見提出および呼びかけのお願い
  浦島悦子
普天間移設辺野古新基地建設のための
名護市への意見書提出 ご協力に感謝

2500件超える意見書で、埋め立て賛成はわずか十数件

沖縄タイムスさんの記事→

琉球新報さんの記事→
名護市への意見提出および呼びかけのお願い
 ヘリ基地いらない二見以北十区の会HPをご覧になっているみなさまへ

 既にお知らせしたように、政府・防衛局が沖縄県知事に提出した辺野古埋立承認申請について、沖縄県は名護市長への意見照会を行い、それを受けて名護市は市長意見に反映させるために市民および市出身者からの意見募集を行っています。市長は、市民意見を反映させて市長意見を作成し、市議会の議決を経て11月末に沖縄県へ提出することになっています。

 市民意見の締切は10月末ですが、10月初め現在の提出数は約320通に留まっており、埋立て=基地建設に反対する稲嶺進市長を支えるためには、その5倍、10倍の数が欲しいところです。

 名護市は、基地問題を解説する独自パンフレットを作成して市民に配布し、意見書提出を促していますが、意見提出の呼びかけが充分に周知されていないのが現状です。とりわけ、市出身者には伝達手段がないことから、情報がほとんど伝わっていないと思われます。

 日本政府の意を受けて基地建設を推進したい人たちが組織的に「埋立て賛成意見」を集めているという情報もあり、私たちは危機感を持っています。

 市民意見数が少なかったり、仮に万一「賛成意見」が多かったとしても、稲嶺市長は反対意見をしっかり伝えると表明していますが、万一にもそのようなことになれば、日本政府や政府の意を汲む全国メディアなどの悪宣伝に利用される心配があります。


 そこで、みなさまにお願いです。

 これをご覧になっている名護市民、名護市出身者(現住所の後に出身区名を書いて下さい)は是非意見書(様式はHP内にあります)を出して下さい。

 また、知人・友人に名護市民や市出身者がいる方は、是非その旨を伝えて下さい。ブログやメーリングリスト、ツイッターやフェイスブックなどの伝達手段をお持ちの方は、それらを使ってこのことを広めて下さい。あらゆる方法でできるだけ多くの市民意見を集めることが、名護市長を支え、仲井眞知事の埋立て不承認を応援することになります。提出期限は10月末です。

 みなさまのご協力をよろしくお願い申し上げます。
米軍基地のこと 辺野古移設のこと
普天間飛行場代替施設建設に関する意見書を募集している名護市が名護市民に配布したものです。とても分かりやすいリーフレットです。ご覧ください。
みなさん! 10区の会がめげないよう、 応援をおねがいします。
郵便振替 01730-9-9673 ヘリ基地いらない二見以北10区の会