ホーム もどる
2013年   5月 4日 「屈辱の日」沖縄大会に1万人超が結集
  文・写真 浦島悦子(十区共同代表)
がってぃんならん!政府式典 「屈辱の日」沖縄大会に1万人超が結集
 1952年、サンフランシスコ講和条約の発効によって、敗戦国・日本が琉球列島を切り離して「独立」した4月28日を「主権回復の日」として、安倍政権が政府主催の式典を開催すると発表して以来、沖縄には激しい怒りと抗議の声が渦巻いています。4月28日は、沖縄から見れば「主権回復」とは真逆の「主権喪失」の日であり、日本国の天皇によって米国に売り渡された「屈辱の日」と呼ばれています。それは、講和条約と同時に発行した日米安保条約による在日米軍の駐留、今日まで続く沖縄への米軍基地過重負担の始まりでもあったのです。

 4月28日、政府式典と同時刻(午前11時開会)、宜野湾海浜公園野外劇場で開催された「4・28政府式典に抗議する『屈辱の日』沖縄大会」は、煮えたぎる怒りを大会シンボルカラーの緑や、悲しみの色である黒や紺で表した人々で溢れ、会場に入りきれず外で話を聞く人々も少なくありませんでした(参加者1万人以上)。名護市からもヘリ基地反対協や稲嶺ススム後援会など多くの団体がチャーターバスを出し、私たち十区の会も参加しました。

 「沖縄を沖縄に返せ」のテーマ曲を参加者全員で合唱して始まった大会で、開催に至る経過報告を行った仲村未央・実行委員会事務局長(県議)は「日本政府によってまたも侮辱された。差別という以外にどんな言葉があるのか! 実行委員会に100団体以上が結集した。人権・土地・海を自らのものとして回復していこう!」と訴えました。

 連帯挨拶した、わが名護市の稲嶺進市長は「我々の4・28と政府の4・28との落差は、がってぃん(合点)ならん! 総理大臣も閣僚も、まずは歴史を知らなければ、これからのビジョンを描けるはずがない。サンフランシスコ講和条約・日米安保条約・日米地位協定の3つはセットだ。いつも沖縄は切り捨てられ、交渉の道具に使われている。ちゃーすが(どうするのか)沖縄。黙っていては認めたことになる。声を上げ、行動しよう!」と熱く呼びかけました。

 中でも最大の拍手を浴びたのは、中部地区青年団協議会(沖縄島中部の10市町村の青年団で構成)の金城薫会長の挨拶でした。彼は「日本政府に対する怒りよりも、4・28の事実を知らなかった自分たちに対するショックの方が大きかった」「壇上に立つかどうか迷ったが、学習を重ねる中で決意した」と述べ、4月28日を「若者世代に(歴史の経験と教訓を)知ってもらうきっかけになって欲しい」「『屈辱の日』ではなく、国民主権とは何か、未来とは何かを全国民に問い、国民全体で考える日にして欲しい」と提起しました。

 1952年4月28日、沖縄とともに切り離された「兄弟島」である奄美からのメッセージ(奄美でもこの日、抗議集会が行われました)も紹介されました。

 最後は、実行委員会共同代表らの音頭で、「がんばろう三唱」ならぬ「がってぃんならん五唱」の拳を高く突き上げ、晴れ渡った空いっぱいに沖縄の声を轟かせました。
大会スローガン
・沖縄を切り捨て米軍占領下に置いた「屈辱の日」を、「主権回復の日」とする政府式典 はがってぃんならん!強く抗議する。

・欠陥機オスプレイを即時撤去し、追加配備と嘉手納基地への配備計画をただちに撤  回せよ

・米軍普天間基地をただちに閉鎖・撤去し、県内移設を断念せよ

・基地のない平和で、みどり豊かな沖縄を実現しよう
4・28政府式典に抗議する「屈辱の日」沖縄大会決議
 安倍内閣は、サンフやンシスコ講和条約が発効した4月28日を「主権回復の日」として、政府主催の式典を本日開催している。われわれは、政府式典に抗議するため怒りを持ってここに結集した。

 沖縄県議会は去る3月29日、「4・28『主権回復・国際社会復帰を記念する式典』に対する抗議決議」を全会一致で可決した。県内市町村でも抗議決議が次々と可決され、全国でも式典に抗議し、中止を求める声が広がっている。

 1952年4月28日発効したサンフランシスコ講和条約によってて、沖縄、奄美、小笠原は日本から切り離され、米軍占領下に置かれた。また、同日発効された日米安保条約によって日本には米軍基地が存続することになった。

 米軍占領下の27年間、沖縄では、銃剣とブルドーザーによる強制接収で米軍基地が拡大され、県民には日本国憲法が適用されず、基本的人権や諸権利が奪われ、幾多の残虐非道な米兵犯切によって人間としての尊厳が踏みにじられてきた。

 ゆえに4・28は、沖縄県民にとって「屈辱の日」にほかならない。

 1972年の復帰以降も県民が求めた基地のない平和で豊かな沖縄の現実にはほど遠く、今日なお、国土面積の0・6%の沖縄に在日米軍専用施設の74%が居座っている。米兵による事件事故や爆音などの基地被害によって県民の平和的生存権、基本的人権は著しく侵害されている。

 県知事、県議会、41市町村の長と議会議長の県民総意の反対を押し切って、昨年、普天間基地に欠陥機オスプレイが強行配備された。さらなる追加配備、嘉手納基地への配備計画の浮上、辺野古新基地催設手続きの強行など、県民総意を否定するこの国のありようは果たして民主主義といえるのか。国民主権国家としての日本の在り方が問われている。

 この現状の中、沖縄が切り捨てられた「屈辱の日」に、「主権回復の日」としての政府式典を開催することは、沖縄県民の心を踏みにじり、再び、沖縄切り捨てを行うものであり、到底許されるものではない。

 よって、われわれ沖縄県民は政府式典に「がってぃんならん」との憤りをもって、強く抗議する。

 以上、決議する。

2013年4月28日
 4・28政府式典に抗議する「屈辱の日」沖縄大会
力強く訴えた稲嶺進・名護市長
壇上・会場全員で「沖縄を、沖縄に返せ」と歌う
中部地区青年団協議会の皆さんと挨拶する金城会長
みなさん! 10区の会がめげないよう、 応援をおねがいします。
郵便振替 01730-9-9673 ヘリ基地いらない二見以北10区の会