ホーム もどる
2010年  4月 1日 衆議院外務委員会の視察団にアピールしました
  文・写真 浦島 悦子
衆議院外務委員会の視察団にアピール
 3月31日、衆議院外務委員会(鈴木宗男委員長)一行(委員11人、同行含め約20人)が普天間移設問題に関する実情視察のため沖縄を訪れ、キャンプ・シュワブやホワイトビーチの視察、うるま市役所、沖縄県庁などでの意見交換を行いました。

 私たちはヘリ基地反対協の呼びかけで、基地内視察のためにキャンプ・シュワブ第1ゲートを出入りする委員たちへの意思表示を行いました。幟や横断幕を手に持ったり、基地のフェンスに張るなど「基地はいらない」「沖縄に平和を」の思いをアピールしました。

 視察後、委員たちの乗ったバスがゲートから出てくると、窓を開けて握手を交わす場面もありました。

 うるま市役所では、勝連沖案に反対する市民らとの意見交換も行われたとのことです。

 外務委員会の皆さんが、沖縄県民の思いを政府に届けてくださることを祈っています。
みなさん! 10区の会がめげないよう、 応援をおねがいします。
郵便振替 01730-9-9673 ヘリ基地いらない二見以北10区の会