ホーム もどる
2010年  1月15日 「2010年国際ジュゴン年に〜基地ではなくジュゴン保護区を」署名にご協力ください。



今年は国際ジュゴン年です
「2010年国際ジュゴン年に〜基地ではなくジュゴン保護区を」
ジュゴン保護キャンペーンセンターさんが昨年10月から「2010年国際ジュゴン年に〜基地ではなくジュゴン保護区を」署名をされています。

この署名について、ジュゴン保護キャンペーンセンターさんは、”鳩山首相は、「県外移設」の公約にもかかわらず、辺野古を選択肢に残したままでいます。未来に残したいのは、基地ではなくジュゴンの海です。国際ジュゴン年の今年、基地建設を中止しジュゴンの海を守るために、できるだけたくさんの声を政府に届けましょう。”と訴えておられます。

このたび、この署名がインターネットでも行えるようになりました。皆様のご協力をお願いします。

2010年国際ジュゴン年に〜基地ではなく保護区を
内閣総理大臣 鳩山由紀夫殿
 国際自然保護連合(IUCN)第4回世界自然保護会議(2008年10月14日 バルセロナ)で「2010年国連国際生物多様性年におけるジュゴン保護の推進」(略称:2010年国際ジュゴン年)決議が採択されました。日本政府に対しては「移動性野生動物の保全に関する条約」(ボン条約)による「ジュゴン生息域すべてにおけるジュゴンの保護と管理のための覚え書き」への参加や、米海兵隊施設建設に関わる国際水準の環境アセスメント(ゼロオプション含む)の実施と沖縄ジュゴンへの有害な影響を回避あるいは緩和する計画案を作成し公表することなどを決議しました。

 日本政府(当時・小泉内閣)は「沖縄のジュゴンの保護に関する質問主意書」(岩佐恵美参議院議員)への答弁書(2004年7月13日第33号)で、沖縄ジュゴンは種の保存法の国内希少野生動物種に選定されうる種に該当することを認めています。しかし、5年たった今も実施していません。沖縄ジュゴンは、絶滅の危機にあります。2010年生物多様性条約第10回締約国会議の議長国として日本政府が国際的な責任を果たすために、以下のことを要請します。(
(要請項目)
1.国際自然保護連合(IUCN)第4回世界自然保護会議の決議を履行すること。
2.沖縄ジュゴンをただちに種の保存法の国内希少野生動植物種に選定すること。
みなさん! 10区の会がめげないよう、 応援をおねがいします。
郵便振替 01730-9-9673 ヘリ基地いらない二見以北10区の会