ホーム もどる
2009年  9月21日 沖縄・生物多様性市民ネットワーク
9月28日「アオサンゴを天然記念物にしよう〜『生物多様性』を学ぼう・守ろう〜」シンポ開催
日時:9/28(月)18:30 - 20:30
場所:教育福祉会館(古島)(098-885-9621)
 2007 年9 月、大浦湾チリビシで大規模なアオサンゴ群集が発見されました。学術的にも注目されているこのアオサンゴ群集の調査を行ってきた沖縄リーフチェック研究会、すなっくスナフキン、じゅごんの里の3 団体が、この沖縄の宝を守り、次世代に伝えていくため、この9 月県議会に天然記念物指定の陳情を行いました。
 
このシンポジウムでは、アオサンゴ群集がなぜ天然記念物に値するのか、どんなにおもしろいものであるかについて、そして、アオサンゴ群集とそれを取り巻く環境が、近頃よく耳にする「生物多様性」とどのように繋がるのか、実際に調査をなさった方々にお話しいただきます。

 沖縄の生物多様性を守るため、アオサンゴ群集の天然記念物指定を実現させましょう。多数の来場をお待ちしています。
プログラム

○「地元からの声〜アオサンゴ発見の喜び〜」東恩納琢磨

○講演

  1.「辺野古・大浦湾の生物多様性」花輪伸一(WWF ジャパン)

  2.「大浦湾チリビシのアオサンゴがおもしろい!」
      安部真理子(沖縄リーフチェック研究会、理学博士)

  3.「大浦湾チリビシのアオサンゴの天然記念物の価値」
      目崎茂和(南山大学教授、環境学、地理風水学、理学博士)
資料代:500 円

主催     : 沖縄・生物多様性市民ネットワーク
問合わせ先 : 沖縄・生物多様性市民ネットワーク事務局(吉川090-2516-7969)

同時開催! 沖縄・生物多様性市民ネットワーク  合同写真展
      9/27(日)- 30( 水) 沖縄市役所
      泡瀬干潟、辺野古、高江、奥間川流域等の写真が大集合。
      もちろん、大浦湾チリビシのアオサンゴも!
[沖縄・生物多様性市民ネットワークとは]
2010 年に名古屋で開催される第10 回生物多様性条約締約国会議(COP10)を機に、沖縄の生物多様性の理解や保全への取り組みを推進していこうと今年7 月に結成したネットワーク。
みなさん! 10区の会がめげないよう、 応援をおねがいします。
郵便振替 01730-9-9673 ヘリ基地いらない二見以北10区の会