ホーム もどる
2008年  3月26日 「米兵によるあらゆる事件・事故に抗議する県民大会」に参加しました。
  浦島 悦子
 3月23日に開かれた「米兵によるあらゆる事件・事故に抗議する県民大会」に、十区の会も、会の幟を持って参加しました。

 被害少女の悲しみと苦しみに天も泣いているような大雨と強風の中、会場の北谷公園野球場前広場に続々と集まる人、人、人…。午後2時過ぎ、開会が宣言されると、色とりどりの傘の絨毯を敷き詰めたような会場に張りつめた空気が流れ、参加者たちは登壇者の訴えに聞き入りました。

 大会実行委員長を務めた玉寄哲永・沖縄県子ども会育成連絡協議会会長は、超党派の大会をめざして再三要請したにもかかわらず参加しなかった仲井真県知事や自民党県連への怒りをあらわにしつつも、「沖縄の怒りを日米両政府にぶつけ、この大会を沖縄の人権回復の第一歩にしよう」と力強く呼びかけました。開催地の野国昌春北谷町長をはじめ10市町村長も参加。とりわけ、保守系の翁長雄志那覇市長の「沖縄の基地問題の解決なくして日本の自立はあり得ない」という毅然とした訴えは印象的でした。

 女性、親、教育関係者、地域住民、戦争体験者、弁護士など、さまざまな立場からの発言が続き、最後に、米兵による性暴力の被害者であるジェーン(仮名)さんが登壇しました。オーストラリア出身で来日30年になる彼女は2004年、神奈川県で米海軍横須賀基地所属の米兵に暴行され、以来、6年間闘ってきたといいます。日米政府や警察が助けてくれず孤立無援で闘ってきた苦しさ、体の傷は治っても心の傷は一生治らないこと、小学生の息子が「お母さんは何も悪くない。僕が守ってあげる」と言ってくれたこと、大人でもこんなにつらいのに今回の沖縄の少女はどんなにつらかったろう…。ジェーンさんの切々とした訴えに会場は静まりかえり、多くの人々の眼に涙があふれました。

 わざわざ沖縄まで来て辛い体験を語ってくれたジェーンさんに万雷の拍手が鳴り響いたあと、米兵犯罪や基地被害に抗議し、日米地位協定の抜本改定、基地の整理縮小などを求める大会決議が採択され、これを日米両政府に届けるための要請行動が確認されました。

 大会参加者は6000人と発表されましたが、お年寄りや小さな子ども連れなど、悪天候を避けて会場に隣接する野球場の建物の中もびっしりと人で埋まっており、実際にはもっと多かったのではないかと思います。大会は宮古島市、石垣市でも同時開催され、600人が参加したそうです。
みなさん! 10区の会がめげないよう、 応援をおねがいします。
郵便振替 01730-9-9673 ヘリ基地いらない二見以北10区の会