ホーム もどる
2007年 11月17日 市長は協議会に行くな!
名護市役所前で座り込み。市民に訴え。
 11月7日、首相官邸で第4回普天間移設措置協議会が開かれました。

 その前日の6日、ヘリ基地反対協では「市長は協議会に行くな! V字案合意を撤回せよ!」と要請して名護市役所前で座り込みを行いました。十区の会も座り込みに参加
し、マイクで市民や市役所職員への訴えを行いました。

 私たちの要請にもかかわらず協議会に出席した島袋市長は、私たち地域住民や市民がいちばん心配している新基地の機能(既報のようにアメリカ側資料で明らかになっている)について政府に問い質すこともなく、協議会のおもな議題はV字形滑走路を「沖合移動」するかどうかに終始したようです。仲井真県知事を含め「沖合修正」を求める「沖縄側」と、それを認めない政府との話は平行線に終わったとのことですが、市民・県民の大多数は普天間移設=新基地建設そのものに反対であり、たとえ沖合移動しても同じことです。争点をずらして、そこに県民の目を惹きつけ、その陰で進行する「悪だくみ」にごまかされないようにしましょう。
みなさん! 10区の会がめげないよう、 応援をおねがいします。
郵便振替 01730-9-9673 ヘリ基地いらない二見以北10区の会