ホーム もどる
2007年  2月 8日 チャモロの人々が米国と国連にメッセージ
 2006年の年末に、グァムのチャモロの人々と十区の会が沖縄で対談する機会がありました。

 チャモロの人々や、会合の意義については後に詳しくお知らせすることとして、彼らが米国と国連に、米海兵隊のグアムへの増強について抗議のメッセージを送りました。これを掲載します。
To: UN Secretary General Koffi Annan, President George W. Bush

国連事務総長 コフィー・アナン
大統領  ジョージ・W・ブッシュ


We the citizens for peace and justice on Guam voice our concern over the scheduled transfer of 8000 US Marines and the increased military buildup on Guam and the Asia/Pacific region post-September 11, 2001.

我々、グアムに住む「平和と正義のための市民」(citizens for peace and justice)は、8,000人の海兵隊の移転計画と、2001年9月11日以降のグアムならびにアジア太平洋地域における軍事力のさらなる増強に対し、懸念を表明する。


We believe that increased militarization will put our families, friends, and relatives who are living on Guam in harm’s way rather than provide safety and stability.

我々は、増強される軍事力が、安全や安定をもたらすのではなく、むしろグアムに住む我々の家族、友人、親族を危険にさらすものだと確信している。


We voice our concern about the recent US policy and actions that would make our island home more of a target. These actions include the following: the planned expansion of runways on Guam, the presence of B-2 bombers, joint military exercises taking place on aircraft carriers near Guam, and the greater naval presence including the planned expansion of naval military facilities with more nuclear submarines and aircraft carriers.

我々は、我々の故郷であるこの島を「標的」へと変貌させる最近の米国の政策や活動に対して、懸念を表明する。その活動とは、グアム島における滑走路の拡張、B-2爆撃機の存在、グアム近郊における空母での合同軍事訓練、原子力潜水艦や空母を有する海軍施設の拡張を含むこれまで以上の規模で展開される海軍の駐留を含む。


We the citizens for peace and justice acknowledge that the US military policy is related to US economic policy, in which the valuation of the Chinese currency not being tied to the US dollar, the huge trade imbalance that the US has with China, and the Chinese owning a significant portion of the US debt through purchase of US treasury bonds in order to support the US insatiable appetite for Chinese products, has put the US economically vulnerable.

我々「平和と正義のための市民」は、米国の軍事政策が米国の経済政策と関連していると認識している。米国ドルと連動されずに行われる中国通貨の価値評価、米国が直面する多大なる対中貿易不均衡、そして米国のどん欲なまでの中国製品/生産物に対する欲求を維持するため中国が米国国債を購入し、それにより生じた中国により多大な米国の負債所有が、米国を経済的に脆弱なものにしている。


We the citizens for peace and justice on Guam know first hand the impacts of war on our families, and we believe that conflicts should, first and foremost, be resolved peacefully.

我々「グアムの平和と正義のための市民」は、戦争が我々の家族にもたらす影響を、自らの経験を通して知っており、それゆえ我々は、争いは何よりもまず平和的に解決されるべきだと信じている。


We acknowledge that the US, as the administering power, has both the moral and legal responsibility to protect the human rights to self-determination of the Chamorros, the indigenous people of Guam. As determined by the UN, increased militarization and lack of consent by the Chamorro people, infringes upon the right to self-determination.

我々は、行政的権力である米国には、グアムの土着の民であるチャモロ族の民族自決の人権を守る道徳的そして法的責任があることを認識している。国連により判断されたように、チャモロ人の同意なしで行われる軍事力増強は、チャモロ人の自決権を侵害することである。


We call upon the support of local, national, and international communities to urge their leaders:

我々は地域、国家、そして国際社会に対し、各々の指導者に以下の要求を行うよう呼びかける。


*to stop the export and import of weapons, warfare technology, and to discontinue military exercises

武器、戦闘技術の輸出および輸入をやめ、軍事訓練を中止すること


*to promote peaceful resolution of differences

国際紛争の平和的解決を推進すること


*to ensure informed consent and the human rights of the Chamorro people

チャモロの人々のインフォームドコンセントおよび人権を保証すること

*to put on hold indefinitely the military buildup on Guam and in the Asia/Pacific region, namely Okinawa, Japan South Korea and the Philippines.

グアム島、そして沖縄、韓国、そしてフィリピンといったアジア/太平洋地域における軍事力増強を無期限に停止すること。


Sincerely,


Sign our on-line petition Peace and Justice for Guam at:
我々のウェブサイト「グアムのための平和と正義」にて、署名をお願いします。

www.PetitionOnline.com/haleta/petition.html
Debbie Quinata (デビー・クウィナタ)
Maga'haga' I Nasion Chamoru (The Chamorro Nation)  (チャモロ民族国)
P.O. Box 6132
Merizo, Guam 96916
(671) 828-2957
みなさん! 10区の会がめげないよう、 応援をおねがいします。
郵便振替 01730-9-9673 ヘリ基地いらない二見以北10区の会