ホーム もどる
2006年  8月28日 ”サイレント・キャンドル”に参加してください!
2008年 11月 5日 ”サイレント・キャンドル”あらため”ピース・キャンドル”に
ピース・キャンドル に、みんな集まれ〜〜っ!!
 毎週土曜日、天候不良の日を除き、午後6時30分からキャンプ・シュワブの第1ゲート前でつづけてきた、”サイレント・キャンドル”の呼び名を”ピース・キャンドル”に改めることにしました。名称が変っても、相変わらず続けていくつもりですので、近所におこしの際には立ち寄ってくださいね!

 ”相変わらずなのに、どうして名前を変えるのですか?”って?・・・

 ”サイレント”といえば、”サイレント・マジョリティー”なんて言葉が思い起こさせます。実際に様々な市民団体が”サイレント”な形態で”抗議"や”抵抗"を行ない、そのイメージを重ねさせてきました。当初、私たちもそうしてきたし、今も大人たちは、そういうものとして静かにろうそくを灯しています。

 ところがです。みなさん!!この場でろうそくを持っているのが私たち大人だけじゃないんです。小さな子どもたちが一緒にろうそくを振ってるんです。彼ら、彼女たちは、黙ってなんかいません。

 通り過ぎるドライバーに”ピース!!ピース!!”と大きな声で叫んでいます。基地に出入りする米兵たちにも”グッドイブニング、ピース!!ピース!!”です。彼ら、彼女たちは自分たちの将来のために、本音で訴えています。

 今後も”サイレント”な形を変えるつもりはありませんが、彼ら、彼女たちの心根を尊重して、この行動の呼び名を”ピース・キャンドル”に改名することにしました。

 最近は本当に多くのみなさんが手を振り、声をかけてくださいます。ご近所にお立ち寄りの際には、一度のぞいていってください。


毎週土曜日午後6時30分から7時まで 一緒にろうそくを持ってください。

なお、台風や大雨など天候不良の際は中止します。
土曜日の夕方30分間、 道行く人にキャンドルを持って手を振っています。
徐々にですが、クラクションを鳴らしたり、 車の中から手を振ってくれたり、 軽く会釈をしてくれる人が増えてきました。
誰もが基地建設に不安を持っているのではないかな と感じます。
ろうそくは用意をしていますが、自分で作るのも楽しいですよ。

*空き瓶の周りに絵を描く。
*牛乳パックに貝やサンゴを入れ、溶かしたろうを流し込む。

タコ糸を芯にする。冷えたら、牛乳パックをはがす。
などなど、工夫したものを並べたら、ひと味違ったキャンドル行動に
なると思います。
みなさん! 10区の会がめげないよう、 応援をおねがいします。
郵便振替 01730-9-9673 ヘリ基地いらない二見以北10区の会