ホーム もどる
2006年 5月19日 「抗議声明」を届けるために10区の各区長を訪ねました。
 5月19日、前日発表した「抗議声明」を届けるために10区の各区長を訪ねました。

 実際に会えたのは二見以北地域振興会の会長でもある瀬嵩区の田畑一茂区長、大川区の志良堂清則区長、二見区の比嘉冨美子区長、底仁屋区の島袋和則区長の4人で、あとは区事務所に預けてきました。

 区長らと話してわかったことは、

@ 要請のため上京したのは10区のうち5区の区長だけだが、要請書には全員の印鑑が押されていること

A 大川・底仁屋の区政役員会では要請を出すことに賛成・反対が半々だったこと(基地建設には全員が反対)

B 二見以北地域振興会は、10区の各区代表2人(区長+1人)によって構成されていること

 田畑会長をはじめどの区長も、「沿岸案にはあくまで反対。建設が強行されてしまったときの担保として、もしくは建設させないために振興策を要求している」と主張し、「振興策要求は基地容認と受けとられる」「閣議決定の前に、地元が容認したという形を作っておきたい政府の手に載せられてしまったのではないか」と言う私たちとは「認識が違う」と反論していました。

 でも、客観的に見て、あるいは普通に考えて、どうなんでしょうね?

 少なくとも一般住民はほとんど何も知らされていないか、知った人たちは非常に怒っているというのが現実です。
みなさん! 10区の会がめげないよう、 応援をおねがいします。
郵便振替 01730-9-9673 ヘリ基地いらない二見以北10区の会