ホーム もどる
2006年 5月11日 テーマ 稲嶺知事の沿岸案合意を伝えるチラシ
久志地域はまたも見捨てられた!
5月11日、稲嶺知事が沿岸案合意
 これまで沿岸案に反対だと言い続けていた稲嶺知事が、5月11日、ついに圧力に負けて、日本政府との基本確認書に合意してしまいました。翌12日に県庁へ抗議に行った県民やマスコミの取材に対して、知事は、政府案を容認したわけではないと言いわけしていますが、誰が見ても政府案の容認であり、小泉首相も「受け入れに謝意」を示したと報道されています。
 私たち地元住民をはじめ大多数の県民の願いに反するこの合意に、全県で怒りの声が上がっています。辺野古・大浦湾への移設では「沖縄の負担軽減」にも「普天間の危険除去」にもならないことは明らかです。知事の合意に抗議し、私たちを騒音地獄と墜落の恐怖に巻き込む沿岸案に地元から反対の声を大きく上げましょう!
配布したチラシはこちら
みなさん! 10区の会がめげないよう、 応援をおねがいします。
郵便振替 01730-9-9673 ヘリ基地いらない二見以北10区の会